スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イメージする」ということ

小さくなったモルダウ川

チェコの作曲家、スメタナの作曲した連作交響詩「我が祖国」の第2曲「モルダウ」。

皆さんもよくご存知のオーケストラ曲で、チェコを流れるモルダウ川が源流から始まって最後は大海に流れ出て行く様子を表している名曲である。
その各部分には「源流~メインテーマ~狩り~結婚式~妖精~急流~お城」とかいう副題が元からついているので、鑑賞者はその光景を思い浮かべながら聴く事になる。

だがもし、それらの副題を知らずに聴いた時、各々の脳裏にはどんな場面が浮かび上がってくるだろう?
そんな音楽の授業も面白いだろうなあと思う。MusicとImagination、つまりMusic→Imagination&Imagination→Musicという関係は、特に歌詞のない音楽に於いて重要な鑑賞要素である。


だが先日、そんな事など全く無視された、疑問だらけの音楽の授業に遭遇した。

その女教師は、この曲について教科書通り各場面の解説をし、次に冒頭のフルートソロで始まる音型と、第1ヴァイオリンの奏でるメインテーマの音型の関連性について説明。

2013.3.29-1

この2つの関連性はややもすれば無理なこじつけ論に思える、たった1~2小節のみの出来事。
音符と音符の間隔が広がったとか余計な音が取れたとかを楽譜を黒板に書き、かなりの時間を割いて説いていた。

音楽科の学生相手の授業なら面白い所に着目したと思えるだろう。だがここは普通の中学校、生徒達は今ひとつ理解できていないようだった。

自分も聞いていて何か釈然としなかった。

だがスメタナが本当にそういうつもりで書いたかどうか?なんてどうでもよい。はっきりいって楽譜なんか必要ないのだ。
大切なのは、どんな感じに聞こえたかであろう。ピアノでタラララッと弾いて聞かせればそれで済む事だ。


さて、今の時代は音楽室に液晶大画面テレビがあったりする時代である。

このよく解らない解説の後、早速DVDで「モルダウ」のオーケストラ演奏を大画面で鑑賞。その間教師は何となく生徒の周辺を歩き回っている。

生徒達は画面を見てどう思っているのだろう?
オーケストラには、素人目で見ていると不思議な疑問点がふつふつと沸いてくるであろう。

例えば…
指揮者の棒の動きと聞こえてくる音楽が、微妙にずれているのは何故?
よく見ると楽員は楽譜ばかり見ていて、殆ど指揮者を見ていないのは何故?
弦楽器の弓の動きが揃っているのは何故?
などなど。

曲をかけながら喋るわけにもいかないが、これらの理由を説明してあげると、生徒達は面白くて画面と音楽に夢中になるのに、と思いながらこっちは見ていたのだが。

曲が終わってから教師は「どの部分が良かった?」と手を挙げさせ、適当に感想等聞いていたが、生徒達はあまりちゃんと応えていなかった。

最後に、この教師の信じ難い言葉を聞いた。
この前、この曲の最後で『川が小さくなったように聞こえた』と答えた生徒がいたけど、そういう勘違いしないでね。川が遠ざかっていった様子を表してるのよ

モルダウの最後部では〆の「ジャン、ジャン」というフォルテッシモの直前に弦楽器のディミヌエンドある。
2013.3.29-2
これを「川が小さくなった」ととらえる発想…素晴らしいではないか!
なのにこの教師は「勘違いしないで」とイメージの広がりを否定していたのである!勘違いなのか?
だいたい「川が遠ざかる」って何だ?誰が決めたんだ?

その他の授業も、あまり実のあるものではないといわれているこの音楽教師、更には担任も持っているそうだが、関係筋の話ではその担任ぶりも最悪だったそうだ。気の毒な生徒達。

たまたまこんな教師が日本にたった1人居るだけだ、と信じたいところだが、もしかしたら音楽教育のやり方、在り方そのものに何か問題があると思う。
となると、その発端は音楽教師を育成する、例えば大学の教育学部音楽科等での教育からして責任があるのかも知れない。



ところでこのDVD、昔の読売日本交響楽団の映像でした。知っている方達が沢山映っていましたが、特にFluteのトップは今は亡き恩師、G先生が吹いていたので、自分はとても懐かしい思いで、食い入るように観ていました。



4月よりホームページの構成を変更しようと思います。
そのため今回をもちましてブログを暫く休止致します。
再開までの間は、コンサートのご案内などをここに掲載しておきます。
これまでのご愛読、感謝致しますm(__)m

テーマ : 中学校
ジャンル : 学校・教育

tag : 音楽教育 音楽教師 モルダウ川 スメタナ イメージする 読響 高野恵美

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。