スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新開発 YUMO式ピッコロ構え型!?

先日の芸大フィルハーモニア:「ラフマニノフ定期」にご来場頂いたお客様、どうもありがとうございました。
お蔭様で盛会のうちに幕を閉じる事ができました。

そして、モーニングコンサートも昨日前半期分が全て終了しました。
連日沢山のお客様にご来場頂き、とても嬉しく思っております。

後半期は9月12日再開。この後オペラ「ドンジョヴァンニ」そして「シベリウス定期」と続く予定です。
ご来場お待ち申し上げますm(__)m

さて今日はピッコロの専門的な話。演奏上のちょっとした「裏技」発見物語です。




ふと思い立って…

昨日の本番ではショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲等がプログラムで、ピッコロのソロが何ヶ所かあったが、その中で特に多かったのが、数小節間に渡る全音符の伸ばしであった。

ディナーミクはp~pppで、大体10~20秒位のロングトーン。静寂な空気の中に霧のように浸透していく響き。
このどれもが中音HやB、つまり左手の音域であった。
2012.7.13-1

こういう緊張する場面で、若い頃はよく替え指を使った。例えばH。

2012.7.13-2

理由はピッチが安定するからだ。多少震えていても、これでだいぶ補える(笑)。

で、最近は使わなくなり、本来の運指通りのHやBを出している。
それだけ根が図太くなった、というワケではない。
勿論替え指も選択肢に入っているが、替え指は音色が変わる。
要はその場面でどの音色を使うか、である。


今回も曲想やオーケストレーションを鑑みた結果、正規の運指で吹いた訳だが、左手の音域は(特にPの場合)ピッチや音色の不安定さが伴う。

勿論この問題は、呼吸法とアムブシュアによって解決できうるのだが、もう1つ、楽器の支え方にも由るのではないかということに、昨日ハタと気付いた。

そこで、先ずはゲネプロで試してみたのがこの持ち方!
2012.7.13-3

つまり右手小指のキィは押さえない。左手の音域は(楽器にもよるが)このキィの開閉は殆どピッチに影響はない。
但し!これはこの後次の音に移らずに、単独で出す場合に限る(昨日はたまたまそういう譜面だった)。
弦楽器とのユニゾンもあったので、ピッチはこの右手をコンマ何mm単位で微妙に動かし、吹きながら角度を調整する。
なまじ普通の持ち方よりもしっかりと楽器を固定し、更には手で覆う部分が極力少なくしてるので、音がオープンに響く。

効果はバッチリ。本番でも勿論実行したが、しかしながらキィの柱部分を持つ事になるので、汗には要注意。


このように、ピッコロは楽器が小さい故に、他にもいろいろな裏技がある。

定番なのは、
本来左手のキィを右手の指で押さえてみたり(トリル等)。
2012.7.13-4

右手の小指で筒先を半分、或いは全部塞いでみたり(替え指や音域外のcis等)。
2012.7.13-5



実はこの「YUMO式構え」、他にも右手で筒先をつまんでみる等、よくウォームアップの時にいろいろ試しているのですが、このような教則本には無い、いやむしろ教則本では「ダメ」といわれているやり方も、時と場合によっては使える事がいろいろ判ってきました。

ピッコロに限らず、そんな楽器のノウハウあれこれを、また順を追って紹介してみたいと思います。

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

tag : ピッコロ 運指 替え指 構え型 ショスタコーヴィチ ヴァイオリン協奏曲 モーニングコンサート

とっておきのPPスポット

いやはや、毎日、溶けそうな位暑いですね。
そこで、今日は涼しそうな場所の写真を幾つか。

その前に、先ずは真面目な音楽の話をちょっとだけしまして、次にそれに託(かこ)つけて…。




p」のイメージ

尊敬するピッコロ奏者、時任和夫氏(フィラデルフィア管弦楽団)は、強弱記号のp(ピアノ=小さく)について、こう話す。
「pとは音の弱さではない。pとはその音楽が醸し出す空気である」
「例えば、森の中の湖畔の朝。朝もやのかかる中、森の中から鳥のさえずる声が聞こえる…何もかもが静寂…これ!これこそがピ・ア・ノ」等。

2011.8.11-1


実際、ピッコロ奏者にとってpやpp(ピアニッシモ=更に小さく)を出すのは至難の業。フルートでも高音域ではかなり難しい事。
そもそも単純に音を小っちゃくするだけだと、客席の後ろの方には聞こえなくなる。
聞こえないpは意味がない。「遠くまで聞こえる小さい音」でなくてはいけない。

実はこれは、自分も苦労している大変な技術である。ここでは具体的な奏法に触れないことにするが、スーパーピアニッシモからスーパーフォルティッシモまで自在に操れる氏の仰る通り、pやfという「音」の強さよりもその音や音楽から湧き出る「情景」のイメージを持つ事が大切だなと思う。



って、ここまでの話、ちょいと難しかったですかねェ。

ま、それはともかく、

最近「パワースポット」や「ホットスポット」等、特定の場所の呼び名がよく聞かれますが、そういえば、自分が今までに見た景色の中で、このお話に匹敵するとっておきの「ppスポット」があったな、とふと思い出したのです。
2011.8.11-2
そこは、この写真の場所ではないのですが、8年前にバイクで走った道路、国道292号線(別名「志賀草津道路」と呼ばれ、日本で一番標高の高い地点を走る国道)のとある休憩所、とはいってもこんな風にちょっとした駐車スペースとベンチがあるだけ。


2011.8.11-3
これはその道路から望む「横手山」。志賀高原から草津に向かってこの山を見ながら峠を登り、暫く行った所にその場所はありました。
バイクを降りてひと休みした時、あまりの静けさに感動しました。

シーーーーン…とした空気の中、遥か彼方の山々からかすかに聞こえる鳥の声、時折フッと吹き渡る微風…今でも忘れられません。

時任氏のお話を思い出しながら、ピピッ!ときたのがまさにその場所でした。自分にとって最高の「ピアニッシモ・スポット」です。勿論、この写真を撮った場所もまた(車さえ通らなければ)実に静寂な雰囲気でした。

ではここに、他にも印象的だった「pスポット」を幾つか。

2011.8.11-4
北海道の何処か。そよ風になびく夏の草花達…。

2011.8.11-5
霧雨の軽井沢。全く人気(ひとけ)のない国道18号線。霧の音が聞こえるかのよう。

2011.8.11-6
そして前回記事の徳山ダム。ヒグラシの鳴き声が山の中から…。


さあ、貴方のとっておきのPPスポットは何処ですか?

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 時任和夫 フィラデルフィア管弦楽団 ピッコロ ピアノ ピアニシモ 国道292号線 志賀草津道路 横手山 国道18号線 徳山ダム

「ザ、ゆもいずみ」in あづま総合運動公園

被災地慰問ライヴレポートその2
(写真はクリックすると別ウィンドウで拡大します)



7月15日(金)2回目 福島:あづま総合運動公園

ビッグパレットふくしまからの移動距離、約60km。「総合運動公園」という名だけあって、こちらもまたとても広い。入口ゲートから目的地の体育館まで、更にやや暫く走った気がする。
2011.7.20-1

館内のいわゆる競技場が生活スペースになっていて、我々が演奏するのは隣接するロビー。
天井が吹き抜けになっていて、音が全体に回りそう。

ビッグパレット同様、地方からの心温まるメッセージがあちこちに貼られている。
2011.7.20-2

ロビーには既に30人位居た。海外からのボランティアだろうか、子供達と遊んであげている外国人が数名。テレビで相撲を観ているお年寄り達等。
何れにせよセッティング、サウンドチェック等で、結構ワーワーやっているのに、不思議な位こちらに関心を示さない。それどころか本番が始まっても、最初は誰も聴いていないように見えた。ただ、曲が終わった時だけ大きな拍手が来る。まるで自分達はBGM状態だが、でもそれでもいいと思っていた。
2011.7.20-3

ところが、プログラムの中で福島の民謡「新相馬節」を演奏したら、お年寄りが数名集まって来た。
実は自分はこの曲は知らなくて、ネット動画から耳コピして苦し紛れに譜面をこしらえた物だ。皆懐かしそうに聴いている。最終的には10人位になったか。

終わって片付けしていたら、お客さんが数人寄って来てサインを求められた。
中には演奏中の自分達を何枚もスケッチしてくれたお婆さんも。嬉しかった。
2011.7.20-4

今晩は福島ビューホテルに宿泊。部屋から安達太良山方面を臨む。
2011.7.20-5
明日も暑そうだ。

明日はいよいよあの大津波の被害を目にする事になるのか…しっかりと現実を見据えて来よう

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : あづま総合運動公園 ひこにゃん 新相馬節 福島ビューホテル

「ザ、ゆもいずみ」in 郡山ビッグパレット

被災地慰問ライヴレポート その1

家を失って避難して来た人達、家は失ってないのに避難を余儀なくされた人達…
あれから4ヶ月経ち、仮設住宅ができて少しずつ減ってきたとはいえ、まだこんなに居らっしゃるのか、というのが第1印象でした。
我家では節電に努め、義援金を送らせて頂き、東京ではチャリティーコンサートにも出演。
でも直接現地に出向いて、それも避難所にて自分のフエを聴いて、少しでも癒しになってもらう機会はないかなぁ、と常々思っていたある日、同期生の泉君からオファーが来ました。
彼の高校時代の同級生で、被災地にていろいろな活動をしているH氏がコーディネートしてくれました。そしてこのライヴツアーが実現した訳です。

これから何回かに分けて、この度のツアーのレポートを綴っていきたいと思います。
(写真はクリックすると別ウィンドウで拡大します)



7月15日(金)1回目 郡山:ビッグパレットふくしま

日の出を見ながら東北自動車道を走る。車内にはキーボード、ミキサー、アンプ等の機材がひしめく。連休前の渋滞を考えて早朝5時(泉家は4時)に出発したのだが、意外と流れが良く、9時には郡山に入ってしまった。パーキングエリアやファーストフード店等で時間を潰しながら、最初の目的地「ビッグパレットふくしま」へ。

とにかくデカい建物。東京でいえばお台場のビッグサイト、千葉でいえば幕張メッセみたいな所である。
自衛隊の大掛かりな救援部隊が駐留し、すぐ隣りには仮設住宅が建設中。
2011.7.19-1

折しも外は33度にも昇る暑さだが、館内はうっすらと冷房が入っている。通用門から会場に移る途中、段ボールで仕切られた住居スペースを幾つも見かける。このようにして4ヶ月も生活しているのか…。精神的にも参ってくるのであろう。だから次第に治安も悪くなり、郡山警察も常駐するようになった。
2011.7.19-2

そんな中で最初の本番を向かえる訳だから、緊張しない訳がない。
そして本番開始。事前に送ったコンサートのチラシは何故か貼られておらず、館内放送もなし。そのせいか椅子を並べた席には、最初コワそうなオジさん1人しか聴いていなかった。
2011.7.19-3
因みにこのTシャツはユニクロの「Save Japan」シリーズ。

基本的には自分がMC(進行役)だが、自己紹介と曲の紹介が中心。あまり余計な事は喋らず、うっかり被災者の気持ちを逆なでしないように気をつける。ちょっと重苦しい雰囲気。ところが…。
泉君の楽譜が風にビュ~!と吹き飛ばされてしまった。
2011.7.19-4
弾きながら叫ぶ「拾ってくれぇ~」笑いが起こる。これで一気に空気が和んだ。
お客さんも次第に増えてきて、ふと見ると小さな女の子が1人居るではないか。そこで今やっている曲が終わったらアニメソングをやってあげようと思っていたが、いざアニソンを始めたら、その子はもう消えて何処かに行ってしまった。残念。ここに避難している子かな?それとも近所に住んでるのかな?

かくして緊張の第1回終了。自分達の演奏が受け入れられてホッとした。最初から腕組みして聴いていたあのオジさんや駐在しているお巡りさんとも終演後少しお話ができ、最後に「ありがとうございました」とお礼を言われた時は嬉しかった。「こちらこそ、本当にありがとうございました」

さて大急ぎで片付け。次の会場、福島市にある「あづま総合運動公園」に向かって出発。


2011.7.19-5
…避難者の方々が一日でも早く日常の生活を取り戻される日を心からお祈りいたします。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 被災地 ライヴ 郡山 ビッグパレット 自衛隊 仮設住宅 ユニクロ SaveJapan

「ザ・ユモイズミ」いよいよ明日から

ボランティアコンサート「デュオで東北へ」の記事の続き。


明日から東北の避難所、そして被災地にてコンサートです。
一緒に演奏するのは泉昌宏氏。芸大時代の同期です。
折角だからグループ名をつけようとあれこれ考えた結果、「ザ・ユモイズミ」にしました。
「平泉」に似ているでしょう?そう、世界遺産登録記念ということで(コジツケですが)。

リハは順調。チラシもできました(これは一部)。
2011.7.14

むさ苦しいオッサン達ですナ。でも心を込めて演奏したいと思います。
(因みに私が右手に抱えているのはiBookG4。活躍してもらいます)。

公演スケジュール、前回の記事から少し変更がありました。

15日(金)13時 福島県郡山市「ビッグパレット」
15日(金)16時 福島県福島市 あづま総合運動公園
16日(土)11時 福島県南相馬市 石神第1小学校
16日(土)16時 宮城県山元町 山元町中央公民館
17日(日)10時30分 宮城県石巻市 湊中学校
17日(日)13時30分 宮城県石巻市 遊楽館


現地はかなり暑そうです。
頑張って東北の人達に、勇気と希望を届けて来ようと思います。

tag : 平泉 世界遺産 ビッグパレット あづま総合運動公園 南相馬市 山元町 石巻市 遊楽館

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。