スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ、ゆもいずみ」in 山元町中央公民館

被災地慰問ライヴレポートその4
(写真はクリックすると別ウインドウで拡大します)




7月16日(土)4回目 宮城県山元町:中央公民館

次の目的地へは国道6号線を北上するのみだが、もう一本海側の道を走ってみる。
先ほどの漁船どころではない、ここでの大津波の爪痕をここに幾つか…。
2011.7.22-1
黄色い物体は車。道路にはボルト等が転がっていて、気を付けないとうっかり踏んでパンクするそうだ。

2011.7.22-2
原町火力発電所。見るも無惨な2基のタンク。クレーンさえひしゃげている。

2011.7.22-3
堤防が無惨に割れている。ここは「北泉海水浴場」で、白い建物はトイレやシャワー等のある施設だったと思われる。

2011.7.22-4
この辺りはとても綺麗な公園だったに違いない。大津波が来た時、橋の上に誰も居なかった事を願う。

2011.7.22-5
遠くの家を見ると、津波がどの高さまで来たかよく判る。どうやら2階に住んでいるようだが、周辺にはこのような家々が沢山ある。

2011.7.22-6
JR常磐線「新地駅」だった所。下り線が僅かに残り、後は流されてしまったようだ。左の壁はプラットホーム。

6号線だってところどころ凸凹だったり、路肩が落ちていたり、橋が壊れていたりで大変だ。
瓦礫処理のトラックと頻繁にすれ違い、その度に道を譲りながら走る。
実際に目にしてしまった惨状にショックを受けながらも、目的地に到着した。

公民館は町役場の敷地内にあり、建物の裏側には自衛隊が駐留。
ところで、ここの避難者の大多数が連休のイヴェントで丁度温泉旅行に出かけてしまい、残って居るのは10人位だそうだ。でももしかしたら、退屈していたであろうこの方達に、楽しい思いをして貰えたと思う。

開演直前、地元のコミュニティーラジオ「リンゴFM」に急遽出演して喋る事になった。「ゆもいずみ」の結成の由来や、コンサートの内容、昨日の事そして明日の事。
女性司会者はあと15分なのに、「ぜひお時間ございましたら聴きにいらして下さい」とアナウンスしてくれた。これでお客さんが増えるとか増えないとかいう事よりも、自分達の活動のアピールをして貰えた事が嬉しい。もっとも、生放送で喋るのはもの凄く緊張したが。

ところで、この会場には何とグランドピアノがあった。調律も問題なし。キーボードを運ぶ手間が省けて良かったが、それより何といってもピアノに勝る鍵盤楽器はない。ピアノもまた、久々に弾いて貰えて嬉しそうに感じた。

2011.7.22-7
自分はピアノを弾く時、ポカンと口が開いちゃうようだ…ハズカシ。

明日最終日はいよいよ石巻へ。(続く)
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : 宮城県 山元町 原町火力発電所 北泉海水浴場 新地駅 リンゴFM

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。