スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ、ゆもいずみ」in あづま総合運動公園

被災地慰問ライヴレポートその2
(写真はクリックすると別ウィンドウで拡大します)



7月15日(金)2回目 福島:あづま総合運動公園

ビッグパレットふくしまからの移動距離、約60km。「総合運動公園」という名だけあって、こちらもまたとても広い。入口ゲートから目的地の体育館まで、更にやや暫く走った気がする。
2011.7.20-1

館内のいわゆる競技場が生活スペースになっていて、我々が演奏するのは隣接するロビー。
天井が吹き抜けになっていて、音が全体に回りそう。

ビッグパレット同様、地方からの心温まるメッセージがあちこちに貼られている。
2011.7.20-2

ロビーには既に30人位居た。海外からのボランティアだろうか、子供達と遊んであげている外国人が数名。テレビで相撲を観ているお年寄り達等。
何れにせよセッティング、サウンドチェック等で、結構ワーワーやっているのに、不思議な位こちらに関心を示さない。それどころか本番が始まっても、最初は誰も聴いていないように見えた。ただ、曲が終わった時だけ大きな拍手が来る。まるで自分達はBGM状態だが、でもそれでもいいと思っていた。
2011.7.20-3

ところが、プログラムの中で福島の民謡「新相馬節」を演奏したら、お年寄りが数名集まって来た。
実は自分はこの曲は知らなくて、ネット動画から耳コピして苦し紛れに譜面をこしらえた物だ。皆懐かしそうに聴いている。最終的には10人位になったか。

終わって片付けしていたら、お客さんが数人寄って来てサインを求められた。
中には演奏中の自分達を何枚もスケッチしてくれたお婆さんも。嬉しかった。
2011.7.20-4

今晩は福島ビューホテルに宿泊。部屋から安達太良山方面を臨む。
2011.7.20-5
明日も暑そうだ。

明日はいよいよあの大津波の被害を目にする事になるのか…しっかりと現実を見据えて来よう
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : あづま総合運動公園 ひこにゃん 新相馬節 福島ビューホテル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。