スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽の恵み

先週はまだ6月だというのに35℃を超える猛暑日がありました。
一足も二足も早い猛暑日の到来で、これからが思いやられますが、一方我家ではミニトマトがお蔭で昨日早くも収穫に至りました。

我家のベランダはもともと日当りが良いので、普段から気温が高く、晴れた日は洗濯物もペンキもよく乾き、植物はぐんぐん伸びます。だから毎年5月にプランターでミニトマトなど栽培してみると、夏には50個位食べられるようになります。ある年の夏などは何とミニトマトの茎が4mも伸びて、秋頃まで楽しめたことも。

正真正銘の無農薬のミニトマト。毎夏のことですが、最初の1個は大切に大切に頂きます(笑)。まず一口では食べない。ナイフで切り分けて家族で分け合ったことすらあったりして。

さて、今年は赤と黄色のミニトマトを1本ずつ、あとゴーヤに初挑戦。



2011.7.1-1
5月のGWに買って植えた苗が…


2011.7.1-2
今ではこのような状態に。(判りにくいけど)ゴーヤもすくすくと成長。
そろそろ四方八方に伸びたがるツルを何とかしなくては…。

かくして黄色いミニトマト「イエローアイコ」収穫。

2011.7.1-3

太陽の恵みを受けて、とても甘くて美味!ただ、皮が硬い…。
今年はいくつ食べられるかな。


ところで、2枚目の写真に写っている自動販売機。あれ、要らないと思いません?
殆ど買っている人いないんですけど。四六時中ずっと電気使って冷やし続けてる…~_~"
スポンサーサイト

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

tag : 太陽の恵み 猛暑 ミニトマト ゴーヤ 自動販売機

コメントの投稿

非公開コメント

Re:トマト

西武のトマト、見た見た!旨そうだよね。1コ300円だったり…。ヘタ捨てるのも勿体ないな~タネも10円くらいかな?←「千両みかん」という落語に話が似ている。

とまと!

トマトって難しいんだよね。出てくる芽をずっと摘まなきゃいけないし、水をあげすぎてもだめだし不足してもだめ。
さらに、家庭で作ると絶対に皮が硬いんだよ。なんでかね??

池袋西武の地下にトマトコーナーがあって、そりゃ、もう、見事なトマトばかり。
農家の人たち(または農学部のバイオ科(?品種改良科?)の人々)ってすごいのねー。

糖度表示もあるし、大きさもさまざま。
個人的なヒットはマイクロトマト。まだ食べてないけど。直径1cmもないんだよ。

加熱用トマトもあるし、生食用もあるし。

やっぱりプロはプロなんだわ、どんな分野も。
プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。