スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには通勤ではなく

2011.5.7-1
これは自分が通勤で使っている自転車です。いわゆるマニアが乗るような、ン十万円もするような本格的な自転車ではなく、近所のショッピングセンターで、確か2万円位で買ったかな。

2011.5.7-2
グチャグチャついてるハンドル周り、初公開!こんな自転車でも、もうこんなに走っています。このサイクルメーター、作動しなかった時期が半年位あるから、実際は6,000kmは走っている筈。勿論タイヤとブレーキパッドは交換済みです。

この積算距離の殆どは通勤に費やしているのですが、たまには時間を気にせずのんびり走り回ってみたい…これがこのゴールデンウィークに1日だけ実現しました。




川越から川口まで。

というと、地元の人は驚くかも知れない。合併して巨大化したさいたま市の北西に川越市が隣接し、川口市は反対側の南東に隣接している。が、実際に走ったのは、この両市の端っこをかすめた程度。
2011.5.7-3
コースはこんな感じ。時計回り。

以下は証拠写真。(☆=1200×800ピクセル)
2011.5.7-4
A:志木市役所隣りにある土手。新河岸川を渡る鯉のぼり。

2011.5.7-5
B:富士見市貝塚の新河岸川分岐点。

2011.5.7-6
C:川越市にある地味な伊佐沼。ここで昼食。☆

2011.5.7-7
D:東大宮にあるJRの操車場。鉄チャンにはタマラないだろう。☆

2011.5.7-8
E:さぎ山記念公園(さいたま市緑区)。ここも地味だが、ホッと一息つける癒しの空間。☆

2011.5.7-9
F:南浦和駅の南にある京浜東北線の操車場。☆

前々回の記事の通り、さいたま市とその周辺は危険な道が多いのだが、ひとたび川沿いの小径に入れば、それは気持ち良い。ヒバリの声を聞きながらのんびり走る。この時期は超小型の羽虫が固まりになって飛んでいるので、それが時折ブワッと顔にかかるのが嫌だが。
途中、買物等もしたりして、所要7時間。風もなく、薄曇りで暑くもなく、長閑な気候。まさに自分が風になった一日…



…なんてキザな事を言ってますが、実は家を出て3km程走った所で、サザエさんみたいに財布を忘れて一旦戻ったのです。お日様には笑われませんでしたが。
自分に呆れて一瞬メゲたのですが、気を取り直して再出発。この無駄になった往復6kmもプラスしたら、今回の走行距離は、70kmに達しました。

今度は泊まりがけで、もっと遠くへ行きたいなァ。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : 自転車 サイクリング 鯉のぼり 新河岸川 伊佐沼 JR操車場 さぎ山記念公園

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。