スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリ人の立場

「ケータイしながら車道の右側を走ってる奴は、首根っこ掴まえて自転車ごと道の左側に放り投げてやりたくなる。」
2週間程前にツィッターでこう呟いたら、「同感」という反響が沢山ありました。ネット上だけでなく、直接「そうよね」と言ってくる方も。
また、最近、知人のお子さんが商店街で自転車にはねられるという事故も起きました!

計画停電の影響で電車が動かなくなり、「かくなる上はチャリ通勤を」と、やたらと自転車が売れたという話は記憶に新しいところです。エコという意味でも自転車が普及するのはとても良い事ですが、一方
「自転車を漕ぐ人=エンジンついてないから歩行者」と勘違いしている人が、あまりにも多くはないでしょうか。

さてところで、ここでは自転車に乗る際のマナーやルールなどを改めてわざわざ説くつもりはありません。

もう一つ問題なのは道路事情です。先ずは自分のチャリ通のコース、または近所に限っての話ですが、要するに自転車で走るにはあまりにも危険な道路が少なくないのです

今回はチャリ通勤人としてこれについて考えてみますが、長くなりそうなので、シリーズを幾つかに分けたいと思います。




道路交通法では、自転車は原則として車道を走らなければならない。

が、車のハンドルも握った経験者として言わせてもらえば、車道を走る自転車は運転者にとっては、正直ものすごく邪魔な存在。普通に走っているだけならまだしも、2列になったり、ふらついていたり…。
止むを得ない場合、自転車は「歩行者に注意を払いながら歩道を走っても良い」という事になっているが、これまた人通りの多い歩道だと、歩行者にとってこれ程迷惑な存在はない。
つまり、どちらを通ってもチャリは邪魔者、自分はいつも疎外感を感じながら走っている。

こうなると必要になってくるのは「自転車専用ゾーン」
ところが、現実はなかなか定着しないようである。

2011.4.25-1
写真はさいたま市内の某所。最近できた道路なので、このようにゾーンが分かれている。チャリ人にしてみれば理想的なのかも知れない。が、実は歩道内にこのように描かれている専用ゾーンは、あまり好きではない。車道に比べて細かい凸凹があるからだ。それに自分が見てきた限りでは、自転車ゾーンに入らないようにしている歩行者は殆どいない。だから、やはり自分はやっぱり車道が空いていれば車道を走る。

とはいえ、こんな道路がもっと増えればいいと思う。

ところが、同じさいたま市でも浦和駅近辺になると、昔からの道路であるがために区画整理できないのであろうか…危ない道路が沢山ある。

2011.4.25-2
車道との仕切りが丁度切れた辺りから、急激な下り坂になる。
下りきった所で信号のない交差点が…。


2011.4.25-3
歩行者がすれ違う事すら難しいこの歩道は、更に標識の辺りで終わっている。
その先は車道を歩いてくれという事か。


2011.4.25-4
歩道の半分以上が電柱や看板に占領されている。歩行者がいたら、自転車は車道を走るのみ。
因みに、この細い車道は路線バスが頻繁にすれ違っている。そうなると、もはや自転車は何処も通行不可能…。


2011.4.25-5
丁度雨が降ってきたので、走り出す人達。こういう時に歩道は走りづらい。
白い車の前など通過しようものなら、大変な事になる。


さて一方、我家の近くにこんな道もある。比較的新しい道路。
2011.4.25-6
道幅の半分近くを歩行者に取られて、ドライバー達は迷惑かも知れないが、歩行者やチャリ人には嬉しい。
殆ど人通りのない道とはいえ、見通しが悪いから気を付けて走っている。


…自転車に乗る事は大好きなのですが、実はこのように危険と隣り合わせ。一部の自転車に乗る人のマナーの悪さも重なって、重大な交通事故が起こりかねません(もう起こっているのか)。さいたま市よ、何とかしてくれぇ!

さて今後はさいたま市のみならず、チャリ通していて「これはイイ」とか「こりゃヒドイ」とか思う道をアップしたり、チャリ通人としてつれづれなるままに思う事など、書いてみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : 自転車 マナー 道路交通法 道路事情 歩道 車道 さいたま市

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。