スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエットのコツ(中編)

2週間前に書いた「ダイエットのコツ」の続きですが、長いのであと2回に分けます。
前回は「自分の空腹を冷静に観察してみる」でしたが、今回は「運動する」です。




 笛吹きやアレンジなんて仕事してると、身体って全然動かさないものだ。「1日1万歩」なんて絶対無理である。そこで自分の場合はお金を払ってスポーツクラブに入会する事にした。

 通い始めてはや6年。しかも引越したわけでもないのに今行っている所は3ヶ所めである。料金、設備、営業時間と、自分の都合やトレーニングの目的を照らし合わせた結果転々とした訳で、今のところもう替えるつもりはない。
 週に1~2回、有酸素運動と筋トレ。朝起きた時に「今日は行きたくないな~」と思う日でも、嫌々支度して取り敢えず行く。お金もったいないし。ところが入館してしまうと、これが不思議なもので、次第にテンションが上がって定番メニューをほぼしっかりこなしてしまうものである。毎回である。
 例えばランニングマシン。最初の10分はとてもキツいが、15分を超えるとキツくなくなる。プールでも同じ。最初の300m位はとてもキツいが500を超えるとキツくなくなる。だが、どちらもやり過ぎないようにしている。帰宅してから身体が使い物にならなくなるから。

 筋トレするとその部分の筋肉がハラを空かせる。そこで有酸素運動をしてあげると周りの脂をむさぼり食うそうだ。だから筋トレ→有酸素という順がいいらしい。
 入館から退館まで3~4時間。ひとしきり汗かいて温泉につかって(今通っている所にはある!)「爽快なる疲労感」を伴ってゆるりと建物を出る。真夏でも真冬でもホッとする瞬間。


 ところが・・・ある人が言っていた。「ジム通うと太るよ」・・・そう、これ最も気をつけなきゃいけない事。つまり「運動したんだからドカ食いしてもいいだろう」という考えだ。前編で書いた「自分の空腹を知る」事は、まさにこの運動した後で活かされるべきであろう。だいたい、小腹が空いたからといって菓子パンなんか食べちゃうと、そのパン「400kcal」なんて裏に書いてある。これってさっき30分位走ったのよりも多いではないか。

 くれぐれも食べ過ぎず・・・でも「腹八分」というのはいくら何でも運動して来た身には辛い。その日の身体の動かし具合によって「十分」までイイかなとは思う。例えば巷によくある「生活習慣病予防、または治療の為のメニュー」などのバランスの良い食事、それを適度な筋トレと有酸素運動を続けながら、朝昼晩と適量とる。もう、昔っから言われている定番。これで太るワケがない。


 でもやっぱり…やっぱりナァ・・・食べたい。たくさん食べたいッ。運動してんのに食べちゃダメだって!? それじゃやっぱり人生楽しくないじゃん。いったいどうすりゃいい?

 てなわけで話は後編へ。
スポンサーサイト

テーマ : フィットネス・トレーニング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : ダイエット スポーツクラブ 筋トレ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。