スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式の思い出

卒業のシーズンとなりました。
卒業生の皆さん、おめでとうございます。

「卒業」…先生、後輩、そしてとりわけ親にとっては感慨深いものがあります。
卒業生本人にとっては?…う~ん、確かに学校や先生とのお別れは淋しい事もあるかも知れないけど、例えば親しい友人同士なら春休み中にまだ会えるし、自分の場合は割と冷めていましたね。
特に今の子にとっては、メールやSNSがあるから尚更じゃないでしょうか?

そんな自分の卒業を思い出してみます。




小学校

「卒業証書授与式」が終わって、最後の各クラスでのホームルーム。
式よりもこのホームルームの方が、えてして感涙の時間。
担任の先生は涙で目を真っ赤に腫らしながら、黒板に大きくこう書いた。
「くるしいこと、つらいことに、ゆうきをもってちょうせんできるひとに、なってください」
と、全部平仮名で。
殆どの女子は一緒に泣いていた。男子は皆神妙な面持ちだった。
今思えば我々男子は、この若い女の先生に対して2年間本当に苦労をかけた(申し訳なかった)。
記憶が正しければ、先生にとってはこの時の自分達のクラスが初めての卒業生。万感の思いだったのであろう。

中学校

どんな様子だったか、殆ど何も憶えていない。
ただ、数名の女子が肩を組んで「巣立ちの歌」を歌っているうちに皆泣き出したのを、近くで傍観していたのが記憶に残っている。
女子は皆もう“大人”で協調性に富み、結束力もある。
それにひきかえ男子は皆”子供”でチャランポランだ。精神年齢は小学校卒業時とあまり変わらない。
自分の場合、中学には親友もいたが、嫌いな奴も多かった。そいつ等と明日から顔を合わせる事のない喜びの方が大きかったと思う。

高校

2013.3.15-1

クラスメイトが皆同じ大学を目指す特殊な学校だったので、あまり「別れ」という感覚はない。
少ない生徒数だったから、一人ひとりに管理の目が光る学校を去る事に関しては、当時はちょっとした「解放感」も感じられた。
それに何といっても、数日後には大学の2次入試を控えていて、気分はそれどころじゃなかった。
だが、北本~お茶の水という遠距離通学にもめげずに、3年間無遅刻無欠席を貫いた「皆勤賞」として、名入りの万年筆を頂いたのはとても嬉しかった。

大学

当時の学長の式辞の概要
諸君はたまたま今の4年制に従って学校を追い出されるだけ。芸術には卒業なんてない。明るい展望なんて期待するな。しかも、就職先も殆ど決まっていない君達が4月から路頭に迷う事を考えると、とてもおめでとうなんて言えない。むしろ悲惨な感覚すらある
この衝撃的な式辞に、会場内笑いと拍手が起こった。自分はこの時既にいろいろ仕事もしていたが、まさに同感であった。イイ事言うなあ。
ただ、我々の若い頃は日本が大変な時だった。戦時中や戦後にのうのうと陶芸なんかやってられない時代だった(←どうやら学長さん陶芸家だったらしい)。今この時代に芸術活動が堂々とできるのは、とても恵まれている事だ。君達は幸せだ云々」という含蓄のある話。

実際、卒業後も普通に大学に足を運び、リハーサルがあったり友達や先輩(←もまだいるのだ!)後輩と喋ったり、学友とは学外でも仕事で一緒だったり。
大学には次の日からパッと来なくなる訳ではなく、いうなればpoco a poco dim.という感覚か(ただ、国鉄の学割が翌月から利かなくなるのは痛かった)。



という訳で自分の場合、1度も涙無しの卒業式でした。
思わず涙が出たのは、子供の卒園式位なものでしょうか(笑)

そういえば自分が幼稚園を卒園した時はどうだったかですって?当然ながら何も憶えていません。
ただ、自分はもの凄い悪ガキだったので、先生方はさぞかし「やれやれ~」という気分だったでしょう(申し訳ございませんでした~m(__)m)。
スポンサーサイト

テーマ : 卒業式
ジャンル : 学校・教育

tag : 卒業式 巣立ちの歌 陶芸家 卒園式

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。