スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会を渡る(?)

通勤・通学に限らず、自転車で走っていると気持ちの良い反面、いろいろな弊害や試練を感じます。

それは大きく3つにわける事ができます。

ひとつは人。つまり、込み入った歩行者、疾走する、そしてマナー違反の他の自転車
ひとつは自然。つまり、上り坂向かい風
そしてもうひとつは社会。何?とお思いでしょうが、つまり、社会が作った大通り鉄道、要するに渡る事なんです。

今日はその鉄道にスポットをあててみます。




シリーズ・チャリ人の苦悩 鉄道編

例えば埼玉から東京に向かう場合、そのまま国道17号等の幹線道路を南下するのは、手っ取り早いかもしれないが、実は遠回りになってしまう事が多い。

地図上の自宅と目的地の間に定規で直線を引き、その線からできるだけ離れないような道を通るようにすると、無駄に遠回りしないで済む。

ところが実際はそういうわけにはいかない。
埼玉と東京の間には荒川があり、そこを渡る橋は3本と限られているので、どうしてもそのどれかを通らねばならない。
渡るのに苦労するのは川だけではない。鉄道もである。意外と踏切数が限られているのだ。

自宅から上野に行く場合、渡らねばならない鉄道は、高崎&宇都宮線と常磐線の2本のみ。

新宿に行く場合は7本もある。
(直線にできるだけ沿う)(最も効率的な橋を渡る)(各鉄道をスムースに越える)という条件でコースを熟考した結果、現在のチャリ通ルートが確立した。

鉄道との交差の仕方は3種ある。つまり鉄道が空間の何処を走っているかだ。
北から順番に検証してみると…

1. JR埼京線&新幹線:高架
2013.3.8-1
荒川を渡る戸田橋付近。国道17号、歩行者用道路が複雑に絡みながら橋を渡っていく。

2. 都営三田線:高架
2013.3.8-2
これは地下鉄だが、この地点では既に地上に出ている。「志村三丁目」駅の下。

3. 東武東上線:踏切
2013.3.8-3
「ときわ台」と「上板橋」の丁度中間地点。

4. 東京メトロ有楽町線:地下
2013.3.8-4
実はこの道路の真下に「千川」駅がある。

5. 西武池袋線:踏切
2013.3.8-5
「椎名町」駅のすぐ隣りを渡る。

6. 西武新宿線:踏切
2013.3.8-6
「下落合」駅のすぐ隣りを渡る。

7. JR中央線:高架
2013.3.8-7
「東中野」駅付近。神田川に沿って走る。春は桜が綺麗。

1,2,7の高架、4の地下に関しては問題ない。

厄介なのは踏切。特に5と6は駅のすぐ隣りにあるので、比較的待ち時間が長い。
待ち時間が長いということは、それだけ車や人が溜ってくる。渡り辛い事この上ないのだ。
とりわけ6の下落合駅。下り電車が発車し、通り過ぎるのを待っているうちに、その電車から下りた客が、虫が湧き出るように遮断機の前に群がるのだ。車の前に立ちふさがる輩もいる。
このコースで自分が最も嫌いな場所である。



花粉症には縁のない自分でしたが、昨日は走っていて流石に顔に「粉」を感じ、鼻がムズムズしたり目が痒くなったりしました。
それ程多く飛んでいたのでしょうか?
そして今日も。いよいよ花粉症デビュー!?ヤだなあ〜。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 車・バイク

tag : 自転車通勤 踏切

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。