スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節目の誕生日の日記には

昨日、無事にコンサートが終了しました。
ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました。
これからもウォームブリーズは皆様にホッとするような音楽をお贈りしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

2012.12.14-2

さて、コンサートの準備をはじめ、仕事に負われて例年になくバタバタしている間に、私50歳になってしまいました。
生まれてから10回目の誕生日×5。その10年毎を振り返ってみると…。



1972年12月9日 洋司10歳の誕生日。

この頃はまだ日記はつけていなかった。が、この日は母親にものすごく怒られていた記憶がある(何故怒られたかは覚えていない)。
母は21で自分を産んだので、この時まだ31歳。怖い盛りである(笑)ていうか、本当に怖かった。これについては後日また記事にする。
それでもこの日はバタークリームケーキを買ってもらい、叱られた後の傷心状態で黙々と食べていたものだ。
折角の節目の誕生日なのに…と何だか悲しい気分であった。

1982年12月9日 洋司20歳の誕生日。

芸大生だった頃だが、あっという間に大人の仲間入りをしたという、時の流れの早さと、実感のなさを書いている。だが、実はこの日は両親が喧嘩していてそれどころではなかった。いや、正確に言えば我家の場合、喧嘩というよりも父親の方が一方的に激怒するので、それで家庭の雰囲気がもの凄く暗かった。
だから日記には「父の暴君的な言動が目に余る」とか「殺してやりたい」とまでも書いてあった。
折角の節目の誕生日なのに

1992年12月9日 洋司30歳の誕生日。

既に自分は独立し、結婚していたが、この日は引越しの前日だった。東京・北区から当時の浦和市へ。
小さい家だったのに、何故かもの凄い量の荷物の量!深夜まで荷作りに負われていて、折角の節目の誕生日なのにお祝いどころではなかった。
因みに翌日の引越しは業者には頼まず、父が2トントラックを借りて来てくれて、殆ど父が中心になってやってくれた。つくづく感謝である。あの時殺さないで良かった(笑)

2002年12月9日 洋司40歳の誕生日。

この日は平日だが子供の幼稚園は休園日。自分も仕事が休みという事で、家族でディズニーランドへ行く…筈だった。
12月9日は毎年快晴なので、晴れの特異日だと自分では思っているのに、ところがこの年に限って何と大雪!
しかも交通機関も軒並みマヒ。記念すべき不惑の誕生日をディズニーランドで、という目論みは、泣く泣く諦めざるをえなかった。
雪は夜になってようやく止んできたが、時既に遅し。でもそれではあまりにもつまらないという訳で、家族で近くのレストランにて食事。
それはそれで楽しかったのだが、不覚にも食べ過ぎてしまい、その後腹痛に暫く悩まされた。
折角の節目の誕生日なのに、何やってんだ自分は。

そして今年の12月9日。洋司50歳の誕生日。

前日からのコンサートシリーズで、朝から晩まで大忙し。そのコンサートとは芸大が2005年から毎年この季節に開催している「レクサスコンサート」
あの高級車「レクサス」のオーナーのみを招待して、オーケストラを聴かせてやるのだ(ヘッ)。

例年だと一日のうちに2回の本番があって終わるのだが、今年はそれが二日間。つまり12月8日9日と計4回の本番。
そのプログラムがまた凄い。ベルリオーズの「ラコッツィ行進曲」デュカの「魔法使いの弟子」ラヴェルの「道化師の朝の歌」ビゼーの「カルメン」シャブリエの「スペイン狂詩曲」サンサーンスの交響曲第3番「オルガン付」etc.過労死レヴェルだ。

何とか無事本番を終え、(あ~あ、折角の節目の誕生日なのに)と思いながら帰宅したら、家族がケーキを買って祝ってくれた。

2012.12.14-1
ロウソク1本10年分(笑)



そう。なんだかんだ言って10年毎の誕生日は、次第にそんなに嘆くほどでもなくなっていた訳でして…^_^;;
それに、不満もあった「レクサスコンサート」ではあるものの、やはりこれだけの曲を体験できるのは自分には良い修行でした。
ウォームブリーズのコンサートを控えていただけに、個人的にはもっとレクサスのプログラム曲を咀嚼したかったのに…という未練もありましたが。

10年後の還暦の誕生日には、更に幸せ気分でありたいものです。
多分またあっという間にやって来そうですが…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : クリスマスコンサート 誕生日 レクサス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。