スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスコンサート いんたびゅー?(後編)

心があったまるクリスマスコンサートまで、あと一週間を切りました。
今日は先週に引き続き、コンサートのプログラムについて、湯本洋司さんにお話を伺います。
後半最初の曲、チャイコフスキーのくるみ割り人形は、過去のクリスマスコンサートでもやりましたね。


☆その通りです。今からもう6年も前になりますが、その時と同じ編成、つまり3本のフルートとピアノ版での再演です。
ただ、曲の内容は少し変えました。前回は第2幕のみからの抜粋でしたが、今回はそれにはこだわらずに選曲しました。最近よく耳にするアノ有名な曲も勿論入ってます。

さて、今回のメインプログラム、クリスマス・ファンタジア第2番についてお伺いします。先ずはこの曲ができた経緯についてお聞かせ下さい。

☆はい。クリスマスコンサートですから、やはりできるだけ沢山のクリスマスキャロルをお贈りしたい、でもただ並べるだけではつまらないという考えの元に、多楽章形式の「ファンタジア」という形で作ったのが第1番。それをイギリスの作家ディケンズの小説に乗せて「音楽物語」に仕立て上げたのが2008年の「クリスマス・カロル」でした。
とはいえ、こうも同じ曲ばかりならべては…と思って、他のクリスマスソングを探してみたら…ありました、ありました。いろいろ。でも言うなれば第1番に比べて割とマニアックな曲が並んでいるかも知れません。
そこで第2番では、編曲の仕方を工夫してみました。

と言いますと?

☆例えば、ラヴェルの「ボレロ」のように次第にスケールを大きくしながらテーマを繰り返したり、ファンタジア全体を通じていわゆる「循環形式」を採用したり。

「循環形式」とは?

☆ええと、全曲を通してひとつのモティーフが顔を覗かせたり、かと思えば全てのテーマが一気に噴出したり。

…何だかよくわかりませんが…。

☆そうでしょうね(笑)自分でも上手く説明できません。てか、当日のお楽しみ的な面もありまして。あまり喋っちゃうとねェ…。
でも聴いて頂ければお解りになると思います。

では終わりに、読者の皆さんにメッセージをひと言どうぞ。

☆年末のお忙しい最中ではございますが、もしお時間ございましたら是非ご来場下さいませ。きっと心があったまって頂けると思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

ありがとうございました。聞き手は私、ゆもとよう つかさでした。

2012.9.12-3



という訳で、架空のインタビュー形式での紹介でした。

チケットの当日券もご用意しております。
また、ロビーにてCD「YUMOJAZZ!?」の販売もする予定です。
どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : クリスマスコンサート チャイコフスキー くるみわり人形 クリスマス・ファンタジア 循環形式

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。