スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝るグッズ

9月も中旬だというのに、今年は異常な暑さです。まだまだ寝苦しい夜が続きます。

自分の場合、夜の寝苦しさや寝付きの悪さは暑さのせいだけではなく、横になった時にふくらはぎがむくんだり、足の裏が凝ったりする事にも因ります。

そんな悩みを軽減すべく、数年前に自分で或る物をDIYでこしらえました。



2012.9.14-1

これは自分が毎晩寝る時に必ず使う道具。自分で勝手に「寝るグッズ」と呼んでいる。
(35×22、高さ23cm)

実はこれは2代目。1代目からの改良品だが、この2代目もだいぶ”外装”が傷んできたので、今夏フェルト部分を張り替えた。
何もこんな色のフェルトでなくとも…と思われるかも知れないが、どうせ普段まず目にしない所で使うので別に良いのだ。

しかしこの物体については、色以外にも突っ込みドコロ満載であろう。

Q:そもそもこれは何なのか?

2012.9.14-2
実は蓋になっていた!開けると目覚まし時計の他、綿棒、メンターム、点鼻薬(鼻が激詰まりした時の為の)、かゆみ止め2種等、夜中にわざわざ起きて捜さなくてもよい物が揃っている。つまりこれは…
A:寝る時に必要な物を入れておく移動式の収納箱なのである。

Q:何でこんな形をしているのか?
Q:取っ手の部分が太すぎやしないか?
Q:そもそも蓋なんて必要なのか?


A:これらの疑問が解き明かされる使用法があるのだ。

先ず、これは寝る時に枕元には置かない。布団の中に入れちゃう(中の物は出して枕元に置く)。
丁度ふくらはぎが当たる位置に。
そして、横になったらこの上に両脚を乗せる。

2012.9.14-3
取っ手が疲れたふくらはぎを丁度良い具合に刺激して、イタ気持ち良い。
取っ手が太いのはこれの為。これより細いとただ痛いだけなのだ。

すると間もなく血行が悪くなるのか、気持ち良さも消え、痛くなったり痺れてきたりする。

そこで次に足でチョイと寝るグッズを下にずらし、今度は蓋の部分に踵(かかと)を乗せる。

2012.9.14-4
蓋はその為にあるのだ。更に踵が痛くないように、上部の表面がクッションになっている。
自分は最初寝る時は、このように足をちょっと高くして寝るのが好きなのだ。それに、多少は足の裏の刺激にもなる。

普通に寝付く夜は、大体この段階で意識がなくなるzzz

そして暫くして、寝るグッズは蹴飛ばされて布団から遥か彼方に飛び出している…。

夜中に何か目が覚めちゃった場合でも、またこれをセットして足を乗せて寝直す。
その時は何処かに出て行った寝るグッズを(寝ながら)足先で探し、(寝ながら)足首を取っ手に引っ掛けて所定の位置に戻している、変な所で器用な自分がいる。

そして翌朝。やっぱり寝るグッズは蹴飛ばされて布団から遥か彼方に飛び出している…。



こんな毎日なのデス。寝るグッズのお蔭で快眠…という訳でもないけれど、まあ無いよりはマシかな?

一時期、外泊する時にこれを持って行った事がありました(大笑)流石に今は止めましたが。
スポンサーサイト

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。