スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤橋城・西美濃プラネタリウム

岐阜の子供達のバンド「岐阜ジュニア吹奏楽団」夏合宿の季節が今年もやってきました。

合宿所は岐阜駅から車で約90分、揖斐郡揖斐川町の山奥にある「ふじはし星の家」ですが、いやはや今年はここも異常な暑さ!子供達はとても屋外でドリル(マーチング)の練習ができる状況ではなく、今夏は冷房の効いた施設内の大広間で練習していました。

さて、ここに来る度に、講師も子供達も楽しみにしている、あるイヴェントがあります。

それは、プラネタリウムで星を観ること。

これは「星の家」(手前左)とその付近の光景です。
2012.8.3-1
美しいですね。
プラネタリウムはこの写真の何処かにあります。どれでしょう?

答えはなんと、奥に見えるお城
2012.8.3-2
藤橋城・西美濃(ふじはしじょう・にしみの)プラネタリウムといいます。
因みに、城の隣りと手前に見えた2つの球体は天文台。つまり本物の星を観る望遠鏡です。

今日はこのプラネタリウム体験記です。




さて、入城すると1Fが早速プラネタリウム。

2012.8.3-3
昨年までの投影機

そして今年からがこれ
2012.8.3.-4
「MEGASTAR-ⅡB」という最新式の投影機で、いや実に美しい星空。まるで本物を観ているような感覚…。

ただ、これ、リニューアルしてまだ間もないせいか、時折プログラムがおかしくなるようで、いきなり空がバッと明るくなったり(ビッグバンか!?)、また最初から上映し直したり(苦笑)

職員の人もまだ扱い慣れていないようである。

ところで、ここのプラネタリウムの「魅力」はもうひとつある。

ナレーションである。

解説者は何人かいるようだが、その中でとても穏やかに話す人が1人いる。(おそらく上の写真でお城から出て来た男性だと思うのだが)その人が担当すると、まさに仕事に来ている事を忘れんばかりに癒される語り方をするのだ。

一番最初に聞いた時、自分はこれはプロによる録音テープか何かと思った。

だが、途中で1ヶ所咬んだり、アクシデントがあった時に謝ったりしていたので、生身の人間が喋っているのだと解った。

それにしても、こんな美濃の山奥にこんなエンターティナーがいるとは…。

この日のナレーションの一部

真夜中近くになり…天の川もかなり綺麗に見えていますが…この天の川というのはもの凄く沢山の星の集まりでできているんです。
 私たちの住んでいるこの地球は…天の川銀河、または銀河系と呼ばれるとても大きな星の集まりの中にあります。
 太陽のように自分の力で光る星が一千億以上もあります。そんなもの凄い星の集まりを内側から眺めているのが、…この天の川なのです。
 そんなもの凄い星の集まりである銀河と呼ばれるものは…宇宙に…一千億位あると考えられています。
 そんな沢山ある銀河達の中で…私達の天の川銀河のほぼお隣りにいるといわれるのが…アンドロメダ大銀河。
 真夜中頃割と空の高い所まで昇って来ています。
 実はこのアンドロメダ大銀河が…時速40万kmというもの凄い速さで近づいて来ている事が判ったのです。
 そして、…ぶつかってしまう事も。
 (中略)
 こんな様子を私達は見る事ができるのでしょうか?
 残念ながら…それはできません。
 アンドロメダ銀河が時速40万kmという…もの凄い速さで近づいてきていますが、
 私達の天の川銀河とぶつかるのは…それでもあと40億年後だと言われているんです。
 ただ40億年も経つと実は…太陽の寿命が近づいてきてしまっています。
 寿命が近づいてきた太陽は…大きく膨らみ始めます。
 そしてやがて…水星を、金星を…この地球をも…飲み込んでしまいます。
 地球が太陽に飲み込まれてしまうのが先か…アンドロメダ銀河と天の川銀河がぶつかってしまうのが先か…
 どちらにしても…遠~い未来の心配事になってしまいます


では”百見”は”一聴”に如かず、この最後の部分の生の声がこれ→2012.8.3-s

琴のBGMの流れる中、ゆっくりと語りかけるこの口調。
上映時間は約30分。夢でも見ているような、ホッとするひとときであった。



どうですか?貴方も行ってみたくなったでしょう?

城内、プラネタリウムの外側と2Fには、星や宇宙に関する資料が並び、3Fにはこの土地にまつわる資料が展示され、4Fは展望室になっています。なお12~3月の冬季は雪のため休業だそうです。

「星の家」「西美濃プラネタリウム」「西美濃天文台」という施設が集まっている事から、この辺りはかなり星が綺麗に見える事がおわかりでしょう。

ところが…自分は、ここに来てそれらをまだ1ぺんも見たことがないのです。
夜は毎晩のように雲がかかってしまい、どうしても「生」の星が観られません。
「今年こそは」と思って行ったのですが…今年も駄目でした。
来年こそは!

(藤橋城・西美濃プラネタリウムのホームページ)
スポンサーサイト

テーマ : 岐阜県
ジャンル : 地域情報

tag : 岐阜ジュニア吹奏楽団 星の家 藤橋城 プラネタリウム 天文台 天の川 アンドロメダ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

どうもありがとう。受験がんばってねー^o^/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。