スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランニングのBGM

普段はまずやらない事なのだが、スポーツジムでのランニングの時、ふと思い立ってiPodで音楽を聴きながら走ってみた。

しかし…

ウォーキング中は問題なかったが、10km/h以上の速さともなると、この音楽が次第に自分には邪魔になってくる。
今はやりのインナーイヤー式のイヤホンで、外気をシャットアウトする圧迫感も否めない。

そこで!

どんな曲だと走りやすいか、いろいろ試してみた。

クラシック~今回はベートーヴェンをチョイス。

2011.3.5-5

♪ヴァイオリンソナタ第5番「春」第1楽章
♪ヴァイオリンソナタ第9番「クロイツェル」第3楽章

♪ピアノソナタ第21番「ワルトシュタイン」第1楽章
※オケの曲は自分のipodには入っていない。

最初は快調なテンポと共に走っていたが、ベートーヴェンというのは兎角音楽がしつこい。長~いフレーズが盛り上がりで「これでもか」と繰り返される。聴いていて何だか苦しくなってきた。
どれも素晴らしい曲なのだが、やはり自分が忙しくない状態で聴きたい。

洋楽~まずはしっとり系

2012.5.18-2
♪ホイットニー・ヒューストン「I will always love you」

お馴染みの名曲。ただ、ご存知のように息の長い歌なので、ヒィヒィしながら聴いているとベートーヴェン同様苦痛。
もっとも洋楽は1曲1曲が短いので、辛いと思ってもすぐ終わるからまあいい。

次にダンス系

2012.5.18-3
♪セレーナ・ゴメス「シェキラ!」

2012.5.18-4
♪レディー・ガガ「Born this Way」

やはりこれか。エアロビクス等でよく使われるのも解る気がする。

120位のテンポは、走っている時の心臓の鼓動と丁度同じ位か。バスドラムが四分音符単位で刻むビートが心地よく、歌もサクサク進む。
やはり走りながら聴くとしたら、自分の場合はこのダンス系か。速めのテンポで短いフレーズ。何といっても明るいメロディーがいい。

歌謡曲も聴いてみた。いろいろ入っているが、チョイスしてみたのは…なんと

2012.5.18-5
♪植木等「スーダラ節」「だまって俺について来い」

何を隠そう、自分は植木等のファン。全部で10曲位入れている。
真面目に走っているのが馬鹿らしくなってくるような歌詞だが、この詞と植木等の歌いっぷりが面白可笑しくて、一瞬走っている事を忘れたりする。
テンポ、フレーズ、曲想共に、実は先の条件にぴったり。意外と適していたが、くれぐれもランニング・フォームが崩れないよう気をつけたいものだ(笑)

各ジャンル共、他にもモーツァルト、ラヴェル、Jウィリアムズ、Mジャクソン、カーペンターズ、YMO…etc、それに民族音楽等でも試してみたかったが、何せ走る時間にも限りがあるので、今回はここまで。
また後日試してみよう。

一方、聴くまでもないというか、絶対に走りながら聴きたくないのはフルートの曲。
そもそも自分のiPodにはフルートの曲なんて入れてないのだ。


上記、曲名をクリックするとiTunesウィンドウで試聴できます。

ひとつ注意です。
イヤホンでラジオや音楽を聴きながら走るのは、あくまでも室内のランニングマシンで走る時のみ

屋外では危険ですので、絶対にやらないようにして下さい。
スポンサーサイト

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

tag : スプリングソナタ クロイツェル ワルトシュタイン ホイットニー・ヒューストン セレーナ・ゴメス レディー・ガガ 植木等 ランニングマシン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。