スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高崎線通学

今日はまさにつれづれなるままに…高校時代の通学の思い出をひとつ。



高崎線通学

自分が通っていた学校は、当時お茶の水にあった。

自宅からJR高崎線:北本駅まで自転車で10分。普通列車で先ずは上野まで46分。それから山手線か京浜東北線に乗って秋葉原へ。そこで更に中央線に乗り換えて隣りの駅がお茶の水だ。玄関から正門まで70分あまり。
毎朝北本駅発6時59分の電車だが、朝練がある日には6時20分に乗る。いずれにせよ車内は空いていて、運良く座れれば寝ているうちに終点に着いてくれるが、現在は6時台前半でも座れない位、周辺の人口は激増した。

帰りは始発だから、1本送らせてでも座って乗る。勿論熟睡。ただ、往きと違うのは寝過ごす恐れのある事。
だがこれも習性というべきか、実際に寝過ごしたのは3年間で3回程度しかなく、どんなに爆睡していても北本駅に近づくと自然に目が覚めるのであった。
北本駅の1つ手前の桶川駅に着いた時点で何となく意識が戻る。この2つの駅の間には当時6ヶ所の警報機付き踏切があり、まだ半分寝ながらこれらの踏切を通過するのを聞いている。
毎日通学していると車両外の音の響き具合や、警報機の音色で今何処を走っているか判るようになってくる。4つめの踏切を通過した所で目を開け、同時に「間もなく北本~」というアナウンス。首尾よく降車、という訳だ。

と、ここまで書けば、自分はかなりスマートな通学をしていたかのようにみえるが、実際はかなり”オヤジモード”が入っていた高校生だった。

高崎線の電車は当時は全車両ボックス席。寝て帰るにはこの窓際に座るのが一番。窓の桟に頭をもたれて。
ところが、この桟の位置が車両の種類によって微妙に違い、新型車両だと縁が額に当たって痛くて眠れない。
そういう時はハンカチをその部分に当て、ウマく挟んで寝る。
頭の上にはフックがあり、そこに上着をかけたら裾の部分で顔をすっぽり隠して寝る。
他の乗客からは顔が見えないので、口がポカンと開いても大丈夫。
一体どんな奴が寝てるんだ?なんて思われてたかも知れないが、そんな事は気にせず自分だけの夢の世界に浸っていた。

しかし、たまに身体が「ビクッ!」と動いたり、顔が覆われたままの状態で派手なクシャミをしたりで、周りを驚かせる事もあった。
ひどい時は手が隣りの人の太腿に掛かっていたり。流石にこの時は「すみません」と謝ったが、次からはこんな事にならないようにと、親指をズボンのベルトガイドに突っ込んで”ロック”して寝たものだ。

自分が至福の45分間を過ごしている間、何かしら周りの乗客に迷惑をかけていたかも知れないと思うと、(本当のオヤジになった)今になって心苦しい。

昔は今程電車の本数がなかった。試験期間中などは午前中で学校が終わったりするが、困った事に上野発11:26の電車を乗り過ごすと、次は12:56までないのである。
この1時間半のブランクを埋める為に、同じく北本に住んでいる同級生とテニスなんかしたり。
今の首都圏ではありえない話である。

逆に、稀にもっと速い電車に乗れちゃった事もあるが、正確に言えばこれは電車ではない。10:56発の高崎行き(だったか)、これは当時一日1本だけ走っていた電気機関車に引かれた旧型の客車編成で、もう最ッ高の乗り心地であった。
しかも例の窓桟スペースの広いこと!あの車両が無くなってしまったのは心底残念である。

昔はあったのに現在は無くなったもの…パッと思いつくのが他に3つある。
1つはストライキによる全日運休。1つは天井の扇風機、つまり非冷房車両。そしてもう1つは喫煙車や喫煙区間。
自分が殆ど利用しなくなった高崎線普通列車も、今や随分と快適になったものである。

2011.9.14-1


ところで、当時同級生の中には、自分と同じような都外からの”遠距離通学組”が10人以上いた。
どういう訳か、遠距離組は「遠いからと行って絶対遅刻したりするもんか」なんて意地めいた空気があったように思える。
そんな風にして高校生活はあっという間に過ぎ、その結果、卒業時には3年間無欠席という「皆勤賞」受賞者12名のうち、実にほぼ半数がこの遠距離組であった。



自分もその中の1人です。。。今から30年以上も前の話でした。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

tag : 遠距離通学 皆勤賞

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。