スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツィッター1年

昨年10月のある日、Twitterに登録して初めて投稿した文が、確か「筋トレして体中が痛い」だった。それから何となく思った事を日々呟いているうちに、ふと気付くと1年経っていた。

「フォローする」とか「される」とか、返信やらリツィートやら…最初は一体何の事かと思ったが、何となくその辺も理解してきた。特に「フォロー」に関しては、複雑な感情が伴う場合もある…ってことも。

タイムラインには、日々絶えることなくいろいろなツィートが出てくる…。

#交通機関の状況や道路渋滞状況など、とても役に立つ場合がある。

#TVやラジオ番組への投稿ができる。

#特に震災の時はいろいろな情報が回り回ってきた(デマもあったが)。

#知人が何処で何をしているかがわかる。「へぇ~、この人とこの人とこの人は今同じ仕事をしているのか」等。

#常に何か呟いていないと我慢できなさそうな、中毒的ユーザー。

#「これから電車に乗る」とか、「ご飯食べる」とかは、自分にはどうでもいいこと。

#逆に殆ど呟かないのに、驚く程フォロワーが多い人。人徳だなあ。

#どうやら近くにマナーの悪い人がいて、それをここに投稿している。多分直接注意できる状況ではないのだろう。

#ふつふつと沸く自分の考えや思想なりを、いきなり140字ギリギリまで述べる人。

#家庭での奮闘ぶりをリアルタイムで報告してくるお母さん。

#他人のリツィートがとても多い人。

#「おはようございます」「おやすみなさい」等、必ず挨拶をするユーザー。好感度大。

#Shindanmakerとかいう変なサイトを使って、自分の事を面白可笑しく表現してくれる人達。

#興味あるニュースを紹介する人。ある意味その人自体が解るかも。

とまあ、いろいろな人間模様がツィッターには見えて面白い。

ただ、自分も横着者なのかなあ、どんなユーザーをフォローすればいいか、いちいち熟考しちゃうため、中々フォローが増えない(そのせいかフォロワーも増えない)。ついつい、自分にとって有益な情報を与えてくれるユーザーを優先して表示されるようにしてしまうが、結果的にはジョークものも多い自分のタイムライン。

「呟き」というのは、そもそも口元でボソボソッという言葉なので、他人には聞こえない言葉。だがここでの「呟き」はたとえ1文字でも全世界に発信される。つまり、よくよく考えるとツイッター上の投稿は、本来の「呟き」とは全然違うのだ。自分としてはこの辺をよくわきまえて、誤字脱字の無いよう気をつけ、これからもできるだけちゃんとした文章を発信していきたいと思っている。




ここでこの1年間で、我ながら印象に残っている自分の主な呟きを幾つか紹介します。

2010年
☆11月24日
ホールの控室で独り昼寝…しようとしたら隣の部屋から弦カルの練習。いい子守唄だ…と思ってたら、反対側の部屋からPfトリオの練習。やっぱり昼寝はやめて退散。どんな名曲でも、2曲同時に鳴ると前衛音楽になる。

☆12月30日
「龍馬伝総集編」を画面見ずに”~ながら”で聞いていてふと思った事:どんな言葉もmolto cresc.しながら喋ると、「龍馬伝」調になる。

2011年
☆1月1日
毎年元日は初日の出を拝み、更に撮影。今年は飛行機雲がかぶって幻想的な写真になった。その後ウダウダしているうちにお腹が空いてきたので取り敢えずバナナを1本。あれ?これ今年最初に口にした食べ物だ。バナナで始まった2011年。良い年でありますように。

☆2月3日
笛吹きケトルって、お湯が完全に沸騰するまでは鳴りそうで鳴らないものだ。でもいざ沸騰したら弱火にしてもピーピーうるさい。これは吹き出す水蒸気にもうそれだけの圧力が備わっているからだ。Fluteも同じで、息に圧力があればPPもちゃんと客席の奥に飛ぶ。お湯沸かしてふと再認識した呼吸法。

☆2月12日
銭湯の洗い場を泡だらけにしたまま離れる大人。人んちの玄関で靴を脱ぎっ放しにする大人。吸い殻をポイ捨てする大人。クチャクチャ音を立てて喰う大人。傘を後ろに向けて持つ大人・・・大人だから周りは何も言わないけれど、心の中で貶まれてるゾ!

☆3月11日
皆さーん大丈夫ですか?まだ揺れてるよ。ウチでは一所懸命食器棚を押さえてるけど、その中でコップが割れた。今のうちに大事なガラスはもう寝かしといた方がいいかも。ドア開けて、火を消して!倒れそうな家具のそばにいないで!

☆3月18日
ひょんなことから30数年ぶりに古文の授業を受ける事になりにけり。海の怪物が猿を騙して肝を喰らおうとするも逆に騙され逃げられる物語。それに伴い問題文が出されぬ。安き事なかれども全問正解なればいとうれし。聞けばいずこの進学校の入試問題なれば、我も捨てたものでもなかりけり。ナハ。

☆4月3日
22年程前の神戸コンクール、参加者ミーティング。隣りの奴がやたらはしゃいでた。「君はヘンデル何番を吹くの?僕はこれさ」いきなり譜面を出して「ドゥ~~ダ~ダラディ~」とか歌い始める。これから出演順決めでこっちは緊張してんのにぃ。誰だコイツは。名簿見てみたらエマニュエル・パユだった。

☆4月22日
オムレツを作る時にフライパンを「トントン」と叩いて玉子をへりに寄せる…その時Stavinsky「春祭」の「春の兆し」と同じアクセントを付けてしまう自分の変なクセに気付いた。

☆7月19日
結婚記念日。23回目。新婚当初の帰宅時の妻の対応:「遅かったわねぇ」それから十数年後:「え~、もう帰って来たの!?」そして現在:「あれ、どっか行ってたんだっけ?」

…意識しているわけではないのですが、なんか笛吹きらしからぬツィートが多いですな(苦笑)。

スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

tag : ツィッター 呟き フォロー フォロワー ユーザー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。