スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害の当たり年?

台風15号も去り、空はいよいよ秋本番の青さを増して来ました。
が、あの台風が首都圏を直撃した日は、皆さん本当に大変だったようですね。
でも、自分にとっては何だか「何処吹く風?」という一日でした。外出していたのに。



9月21日は新宿にてレッスンをしていた。
いや、正確に言えばレッスン室にて独り練習していた。窓のないこの部屋は静かだ。今日は生徒が誰一人として来ないなぁ。
それもその筈、外は大変な事になっていて、皆電車での移動ははおろか、歩く事さえできなかったらしい。

こんな状態になる前に自分はここに来た。午後1時位。まだ雨がパラパラ降っていた程度。勿論交通機関も正常。

ところがそれから間もなく、鉄道は軒並みストップ、駅やバス停には人が溢れてパニックのようになっているという事をネット等の情報で知った。
帰れない…それならば腹をくくってここにいた方が賢明、というわけで、生徒が次々に欠席の連絡をしてくるにも関わらず、自分は終業時間まで帰らずに居座っていた。

そろそろ帰るか、と帰路についたのは夜9時近く。既に雨も風も小康状態。駅は流石に混んでいたが、電車ものろのろながら運転再開。
かくしてほぼ普段通りに帰宅。あちこちにボロボロの傘が散乱していた。

翌日、チャリで上野に出勤。
既に昨日の様々な惨状は耳に入っていましたが、荒川を渡る時にその風景にギョッとし、改めて台風の恐ろしさを実感した。

2011.9.23-1
普段はこんな感じだが(夕陽が綺麗)、

2011.9.23-2
川幅がこんな感じに。

木も数本倒れ、ゴルフ場にまで浸水していた。水が引くのはいつになるのか。



もうすぐ10月。今年も終わりがほんの少しだけ見えてきましたが、全く2011年というのは…自然災害の当たり年ですか?? 地震といい津波といい台風といい、あと夏の猛暑も。

ですが今年に限らず来年も、それ以降も気をつけなくては。「備え」あっても「憂い」が無くなるわけではありませんが、今年の災害は、やはり普段からしっかり心構えをしておく事を改めて思い知らされます。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 台風 荒川

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。