スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X'masコンサート 宣伝開始

ここ数日でグッと気温が下がり、ようやく、本当にようやくです。この夏の35度猛暑から解放されましたね。
考えてみれば、9月ももう終わりです。

そうなるといよいよ宣伝の時期かなというのが、来る12月のクリスマスコンサート。

…こう暑いと、いくら3ヶ月前とはいえ、なかなか「クリスマス」という言葉がピンとこなくて、今まで宣伝し辛い感がありました。

という訳で、早速ここに紹介させて頂きたいと思います。


アンサンブル・ウォームブリーズ 
心があったまるクリスマスコンサート

日時、会場、プログラム等を紹介する前に、まずこのグループ「ウォームブリーズ」について

大元は2003年12月、自分達夫婦のフルートデュオを中心に、第1回クリスマスコンサートを開催。
その際、近所に住む昔からの友人フルーティスト、塩谷真理さんと、ウチの教室の旧&現お弟子さん達も誘い、10人のフルートアンサンブルでメインプログラム「クリスマス・ファンタジア」を演奏。

その時にグループ名をこの「アンサンブル・ウォームブリーズ」としました。
2012.9.28-1
(2003年10月撮影)

次の第2回自主公演は3年後の2006年。グループ名はそのままですが、メンバーを自分等夫婦と塩谷真理さんの3人として、12月に自主公演を開催。この時からコンサート名を「心があったまるクリスマスコンサート」としました。

2012.9.28-2

また、自分の所属する芸大フィルの弦楽器の方を中心にお手伝いいただき、モーツァルトのカルテットや「クリスマス・ファンタジア」の弦楽器プラス版を演奏。

第3回は2年後の2008年。メインプログラムには同じく弦楽との共演で、拙作の音楽物語「クリスマス・カロル」を演奏。この時のピアニストは、同じく近所に住む松島雪子さん。かねてからウチの教室の発表会などで伴奏してもらっているのですが、このコンサートでも賛助出演者としてお手伝いいただきました。

この後はさいたま市南区のPTA協議会関連のパーティーや、中学校の音楽鑑賞教室等に出演。

そしてそれから4年、ピアニスト松島さんにもメンバーとして参加いただき、フルート3本とピアノという新たなる編成で「アンサンブル・ウォームブリーズ」が発足いたしました。

来る第4回の内容は…
2012.9.12-3
この通りです。

各プログラムの詳しい内容については、長くなるのでまた後ほど紹介致します。
以上、今回はウォームブリーズの”歴史”について説明しました。

第2&3回のコンサートの様子を4分程にまとめたハイライトはこちらをご覧下さい。

そうそう、「ウォームブリーズ」の意味について。
言葉通り「暖かい息吹」という意味の英語ですが、実はこれはフルートを演奏する時の基本の呼吸法に由来して命名しました。


熱いスープを吹き冷ます「フー」という息ではなく、かじかんだ手を温める「ハア~」という息の方が、フルート君は悦んで響くのです。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : クリスマスコンサート クリスマス・ファンタジア さいたま市南区

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。