スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエットのコツ(後編)

 いやァ~日曜日が来ました。日曜日の朝は、いつも目が覚めると同時に心の底からウキウキするのです。何故って?それは・・・




 1年以上前から続けているダイエット法がある。ダイエットと呼べるかどうか分からないが。それは名付けて「日曜だけダラダラ食い」逆に言うと月~土は絶対間食しないという方法。スポクラで腹が減ろうが、夕食と本番が重なって帰宅して腹が減ろうが、とにかく我慢。どうしようもない時は前編で述べたように飲み物とかちょっとした野菜とかで凌ぐ。とにかく原則として朝昼晩の食事以外は一切口に入れない。

 その代わり、毎週日曜日(と正月三ヶ日)だけはいつ何を食べてもよしとする。ご飯をお替わりするもよし、揚げ物にマヨネーズブリブリかけるもよし、寝る前にお茶漬け食べるもよし、そして何といってもスィーツをたらふく食べるもよし。
 日曜日に仕事があって、食べる暇があまりない場合はこの”解禁日”を翌日にずらす。

「明日からまた禁止だぞ」と思うと、日曜日は実に真剣に!間食するようになった。そのうち、折角だからと何か自分で作るようになった。スポンジケーキ、パウンドケーキ、ホットケーキ、クレープ、ドーナツ、サーターアンダギー、パンetc. 沢山作って一気に平らげる。さらに物足りないからと言って、頂き物の洋菓子和菓子、高級スィーツからスナック菓子までムシャムシャ…。

 とはいえ、自分の胃袋にも限界はあり、肝心の夕食時にあまりお腹が減っていない時がある。これもよろしくないので、最近は日曜日でも一定時間我慢するようになった。そしてまた無上の喜びを伴って夕食、デザート、まだ何か他に食べるのないかな…?

 そうして気が済んだというか、むしろ「当分の間スィーツはもう沢山」という気になったところで、また来週までバイバイという気分で歯を磨くのである。

 さてこのようにして先ずは1ヶ月、自分の体重がどのように変化したか。って、これは実はもう一昨年の夏にmixiに投稿した記録であるが、ここにそのまま引用してみる。

1週目:-1kg(ちょっと驚きながらもまだ1週間かとゲンナリ)
2週目:-1kg(更に驚き、こうなると体重が戻るのが凄く勿体なく思えてくる)
3週目:-0.5kg(この辺になってくると月日の経つのは早いもんだと思うようになる)
4週目:-0.5kg(まあこれ位の減量ペースなんだろうと思いつつも、もっと早く痩せないかな、と変に欲が出てくる)

 自分の場合はスポクラに行ってるので、この時はこのようにひと月で3kgも痩せたのかもしれないが、やはり間食の影響力はものすごいと思う。
 前編で述べた「食べなければ痩せる」はまさにこの事。間食をひかえることによって仮に1ヶ月で1kg落とせれば、人によっては多分1年で-6kg位(×12という訳にはいかないだろう)いくかも。
 我慢によるストレスは逆効果だが、週イチOKとすれば結構頑張れるもの。それに何より、日曜日ってすぐやってくるものだ!1週間って本当に早いと思う。そして1年も。



 昨日、健康診断の結果をもらいました。結果は良好。スポクラ&間食抜きのお陰だと自分では思うのですが、それよりもダイエットに関しては、意志の弱い自分に課している究極のポリシーがあるからなのです。それは・・・

「目標に達したからといってやめないこと」

予告:ダイエットのコツ(番外編)も用意してあります。

スポンサーサイト

テーマ : ダイエット日記
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : ダイエット 間食 スィーツ

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。