スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お高い林檎

「写真やムービーを公開しよう」なんて謳っていたアップルの「MobileMe」サービス。
「iDisk」というネット上のサーバに保存してある自分のこれらのデータを、共有もできるシステムだ。

ところがこれが
2012.6.29-1
このように明日を以て廃止されてしまう。iDiskもMobileMeも。

これは例えて言うなら…

展覧会や映写会等もできる貴方専用の貸スペースを、明日取り壊しますよ
という事だ。

実は拙サイト「ゆも音楽館」は、まさにこのサービスを利用して公開していた。
そしてこの度、このように”家主”に追い出される事になった。

Mobile Meの料金は年間100ドル。Mobile Meから引き継がれる「iCloud」は、ご存知のように家でも外でも自分のファイルが同期できるというサービスで、便利便利とはいわれているが、そのまま同じ料金だとすると何だか損した気分である。自分はスケジュールの管理にしか使わないし。

それにiCloudを使いこなすには、OS10.7「Lion」やiOS5が必要である。

だが、「Lion」を入れちゃうと、今度はPowerMac時代の好きなソフトが使えなくなる。
対策としては異なるOSを異なるHDに入れていちいち起動し直す…って、これ面倒臭くないか?

更に書類を同期するには、場合によってiOS用のiWorksソフトも買い直さなくてはならない…

とまあ、愚痴を並べるとそれだけでいっぱいになってしまうので、キリがない。

とにかく、「あと◯日です」とアップルから「退去」のメールが度々来るので、Macのソフト「iWeb」で作った自分のホームページを、何処かに引越さなければならない。

取り敢えずはこのブログのホストである「FCブログ」のFTPサービスを利用し、「ゆも音楽館」を移動…しかしこれがどうも上手くいかない。特にアルバムは何度アップしてもエラーが出てしまう。
自分にはHPの専門的知識はないが、恐らくiWebの方に問題があるかも知れない。

仕方なく写真を公開するのにiWebを使うのは止めて、他に何か良いサーバはないかと試行錯誤した結果、結局以前使っていたブログサービス、auone-netの「ラブログ」に戻る事にした。

ブログのページなので、写真だけをズラズラ並べるのはデザイン的にも今ひとつだし、ストレージもたったの100MBしかないのだが、まあ当分の間はこれでいけると思う。

現在はとにかく、荷物(=写真)を新居(=ラブログ)にどんどん放り込んだままの状態。まるで本物の引っ越しみたいだ。
後日きちんと整理整頓するつもりである。

…という、本来必要のない苦労を、他の大勢のMobileMeユーザも強いられているに違いない。
アップルからの終了のメッセージは、何処かしら命令口調のようにも受け取れる。

一体何様のつもりだろうか?お高いリンゴめ!



という訳で、脇のリンク集にあるゆも音楽館はFCブログのHPサービスに、ゆも写真館はauoneの「Lovelog」に移動しました。デザイン等はまた変えていきたいと思います。
コメントは受け付けていませんが、写真はダウンロードできます。

今後ともよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : Apple
ジャンル : コンピュータ

tag : MobileMe iDsk iCloud Apple MacOS10.7 iOS5

iPod Touchで録画した番組を楽しむ

アナログ放送が終了して3ヶ月が過ぎましたが、我家のアナログテレビはまだ映っています。
というのも、ここは集合住宅なので、建物全体にデジタルから変換させたTV信号が流れているからです。
それを知らなかった自分は、7月24日の正午に画面が砂嵐になるのを期待して、録画までしたのに何も変わらず…唖然としたのを憶えています(笑)。

さてそんな訳で、もう使えなくなるかなと思っていたパソコン用のTVチューナー(アナログ)が、まだうちでは活躍しています。



部屋の片隅にひっそりと佇む3台の機器。
2011.11.2-1
1番上は第5世代iPod。
真ん中はiPodに動画を録画させる為の機器「iLuv」。
そして一番下がそのTVチューナー。

気に入った番組は、このチューナーを介してMacのハードディスクに録画。
「MPEG1」というモードだと1時間600MB程度で済むが、画質は流石にデジタルに比べると劣る。
ただこのファイルがMuxedという特殊なタイプなので、QuickTimeでの編集ができない。
そこで「PixeDV」というアプリケーションを使う。
2011.11.2-2

CM等を抜いて、出来上がった動画は外付HDに保存。

さて、この動画を外出時に見たい場合に、今度はiPodとiLuvが活躍する。
このTVチューナーは保存してある動画を逆に転送する事もできる。iPodをこのようにセットしてiLuvの録画ボタンを押せば、HD→チューナー→iLuv→iPodと映像をコピーできるのだ。

ここでiPodに入った動画は、今度はiTunesを介してiPod Touchでも観られる。
2011.11.2-3
元が元なのでそんなに画像は良くはないが、小さい画面で楽しむには十分である。
音質はなかなか良い。



…こんな回りくどい方法を使わずとも、iPod Touch1台だけで番組を録画できそうですが、意外とそれはNG。
というのも、最初の写真にある機器はもう5年も昔の物なので、そうなると逆に今のハードには対応していないからです。わざわざ対応している物も買う必要はありませんし。
このクリックホイール付き第5世代iPodも、現在はこの録画だけの為に使っています。まあ時々、これ専用のゲームでも遊んでいますが。

マイHDには、こんな風にしてTVから録音したムービーファイルが結構溜まりました。映画・ドラマ・音楽・アニメ・バラエティetc…全部で約250本。iTunes Storeで買った映画も少しあり、これらのうち約40本がiPodで持ち出せる状態にしてあります。


とはいえ、外でもそんなに観る暇もなく、映画1本でも観終わるまで数日かかってますが(笑)。

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

tag : 地デジ アナログ放送 TVチューナー MPEG Muxed QuickTime iPod Touch

Macは不滅

10月5日、アップルのスティーヴ・ジョブズ氏が、癌のため亡くなりました。56歳でした。

あまりにも早過ぎます。もし彼が健在でしたら、更に凄い機器が出ていたでしょうね。

1995年、ライバルMicrosoft社がWindows95を出して以来、アップルはそのOSの勢いに押され、いよいよ駄目かというところまで来ていましたが、5色のスケルトンカラーiMacを出した事によって息を吹き返した事は、今でも記憶しています。

その後、iPodを発表。これが大ブレイク。つまりアップル社は、ソフトよりもハード開発の視点を根本から見直す事によって、大発展を遂げたのですね。その基本となる精神が「Stay hungry,stay foolish」だったのでしょう。本当に敬服します。




iMac復活

一度は動かなくなった我家のIntel iMac、このまま廃棄するなんてあまりにも勿体ない。
そこで、ハードディスクを取替えてみた。
前面パネルを取り外し、特殊なドライバを何ヶ所も差して、ようやく内部にアクセス。
2011.10.10-1 2011.10.10-2

どうせなら前よりも容量の大きいHDにと、以前の3倍の1TBを装着。意外と簡単な作業だった。

ダメモトでスィッチON、何と!起動した。後は「OS10.5Leopard」という“復活の呪文”をインストール。
2011.10.10-3

う~ん、もしかしたら、もっと早くこの作業をやっておけば良かったのかも。

これで我家には4つのOSヴァージョンのMacが揃った。

OS10.3"Panther"…iBookG4
OS10.5"Leopard"…Intel iMac
OS10.6"Snow Leopard"…Mac mini
OS10.7"Lion"…Mac book Air

1つに纏められないのは(詳しい方はお解りかと思うが)それぞれのヴァージョンでしか動かないソフトや周辺機器があるからである。
流石に我家の初代、漢字Talk7.5…Macintosh LC575はもう使っていないが、破棄はせずにしまい込んである。でも今でもちゃんと動く。まさに不滅のMac達。

iPodも知らぬ間に4台。
2011.10.10-4

これもそれぞれの用途があるので、それに応じて使い分けている。
特に最初に買った第5世代iPod(写真一番左)には、特別な使い方があるのだが、それについてはまた後日。



我家のiMacはこのようにHDを取替える事によって、あの世から戻って来ました。
ですが、人間はそういう訳にはいきません。
iPhoneをはじめとするスマートフォンや、iPodTouch、iPad達は、いろいろと便利なアプリケーションをインストールできる特徴があります。病床のジョブズ氏の脳裏には、もしかしたら「癌を治すアプリはできないものか」なんて考えさえあったのかも知れません。

作曲、編曲、楽譜作成、ビデオ作成、写真管理、チラシデザイン、原稿、その他様々な書類管理…これらの総てをうちではMacでやっています。元を正せば、ジョブズ氏の努力と発想のお蔭で我家の生活も成り立っているわけでして…。

本当にありがとうございました。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

テーマ : Apple
ジャンル : コンピュータ

tag : ジョブズ アップル Microsoft Windows95 Stay foolish Panther Leopard OS10 スマートフォン

Mac miniで初ログ

2011.3.23-1

これは3日前の満月です。あまりに綺麗なので、ベランダに三脚立てて写真に撮ってしまいました。

で、早速これをツィッターに投稿し、翌日は何か洒落た言葉でも付けてブログにもアップしようとした矢先、
愛器iMacが壊れましたァ。

ってなわけで、今回はマンゲツではなくてマックの話。



もともとウチのiMacは昨年夏にハードディスクが突然崩壊。消えたデータも少なくなく、かなりウチひしがれたが、気を取り直して外付けのハードディスクから起動。暫くの間、これで何とか使っていた。
CD「YUMOJAZZ!?」は、実はなんとこの状態で最終マスタリングと音源作成。当然頻繁にバックアップしながら。

この頃はまだ何とかさくさく仕事していた。だが、いかんせんUSB接続だと本体のCPUとの連絡があまりにも遅く、次第に処理速度が落ちてくる。10秒後、20秒後~調子の悪い時は2~3分位考え込んでから命令を実行。ここ数ヶ月程、だいぶこれにはイライラさせられた。

そして遂に先日、我が愛器は動かなくなった…と思ったら動いたのだが、それまで5分以上はあったか。
もうダメだ。音楽やムービーは切れ切れだし、そのくせ待ちきれなくて何百回もマウスを「カチャカチャ…」と押した事はちゃんと覚えていて、忘れた頃に何でもかんでも勝手にクリックする始末。

そんな訳で遂に買い替えに踏み切り、新しいマックが我家に昨日届いたのと時を同じくして、旧iMacは身を引くかの如く本当に動かなくなった。


さてここで我家のMac史をちょっと紹介。
2011.3.22-2

1994~ Macintosh LC575/HD320MB/CD&FDドライブ

2011.3.23-3
1999~ PowerMac G3/HD6GB/DVD&CDドライブ


2011.3.23-4
2005~ 初のノート iBook G4/HD60GB/DVD&CDRWドライブ(右)
2007~ Intel iMac 24inch/HD240GB/DVD-Rドライブ(左)
(両方使って「YUMOJAZZ!?」作成之図)

そして昨日来たのは…
2011.3.22-5


この写真のどこにあるかわからないって?モニタの右下にちょこっと置いてある薄っぺらい奴…Mac miniである。
IntelのCPUでHD320GB/DVD-R。マックもこの20年でちっちゃく高性能になったものだ。
iMacに比べてマイクやミニカメラがついていない等の機能の制限はあるが、何より軽くて速くて省電力

マック歴17年で5台のマック買い替え(因みにiBookはOS9用に現在普通に使用中)。
こうして振り返ると、Intel iMacの寿命は意外と短かった。さて、新マックはいつまで使えるかな?



実は買い替えについて、どんなMacにするか、相当悩みました。どの種類にしてもそれぞれ利点欠点が伴うからですが、結局今回はこのようにモニタとパソコンは別々にしました。
こうすればもしまた故障した場合、パソコンだけ修理に出せば良い訳で。

このように2つ以上のカテゴリを一緒にした電化製品は、修理や取替えが大掛かりですね。iMacのようなモニタ一体型のパソコンのみならず、普及しつつあるDVDorBDレコーダ付薄型テレビ、すっかり定着した洗濯乾燥機…あ、あとカメラ付携帯?。

どちらかが故障しただけで、全部修理か取替えをしなければならない。くっつけりゃイイってもんでもないかもネ。









テーマ : Macintosh
ジャンル : コンピュータ

tag : 満月 iMac LC575 PowerMacG3 Intel Macmini MacOS9

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。