スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなでTuck-in

いきなり専門的な話だが、腹式呼吸の際、息を吐く時には身体のどの部分が大きな役割を果たしているか、ご存知だろうか?

以前拙ホームページで説明した事があるが、答えは下腹部の筋肉である。あ、勿論横隔膜が呼吸の為の最重要部位だが、フルートを吹くにあたっては更に腹直筋の特に下部を鍛えて強化する事によって、呼気に圧力を与え、音の芯(=響き)が増す。
2013.1.18-1
(因みにこのページは、AppleがMobile Meを廃止した際に消されてしまった)

呼気(息を吐く)の時にこの赤い部分を身体の内側に向かって「キュッ」と力を入れて絞める、この事を英語でTuck-in(タックイン)という。
本来の意味はワイシャツの裾をズボンの中にたくし込む事で、なる程動作としては似ている。

タックインの要領が解り辛い場合、座ってロングトーンしながら、脚の付け根を軸に両膝を真上に上げて、両足をちょっとだけ浮かせてみるとよい。
両膝を上げる事により、自動的に腹直筋がタックインされる。すると、今吹いている音の響きがグン!と増すのだ。
とはいえ、慣れないうちはその差は微々たるものである。しかし複数の人数でいっぺんにこれをやったら…

出雲管楽器ゼミナール

先週土曜日の、島根県の中高生バンドを対象にした「管楽器ゼミナール」。
回毎に楽器の種類が3年周期でかわり、今年はフルートであった。自分が教えに行くのはこれで4回目である。

会場は出雲第二中学校。数校の吹奏楽部のフルートパートの生徒が集まっているが、この日はホルンも別室で講習があり、講師は元同僚の(声の大きい)Sさん。約10年ぶりの偶然の再開であった。

朝9時から演奏の基本的な事についての話。昼食休憩を挟んで午後2時半からは、各学校毎の公開レッスン。
少子化の波はここにも及び、受講生の数は回毎に減少している。初めてここに来た頃はおよそ50人もいたのだが、今回は20名弱。
尤も、あまり多いと隅々まで注意が行き届きにくい。これ位の人数がアットホームな感じで良いのかも、とも思う。

ところで、先程の「タックイン」の話は、このゼミナールでも毎回しているのだが、吹きながら足を上げるという例の”実験”を受講生全員でやってみるのだ。

「ハイ、腹式を使ってしっかり息を吸って」
「ハイ、音を出して」
「ハイッ、そのまま足上げて」

すると、全員がいっぺんにこれをする訳だから、音の変化は凄いものだ。
たかだか20名弱でも音が「ブワ~ッ」と変化するのだから、昔の50名の時なんかは部屋全体が唸った感じがした。

実はこれは、自分のオリジナルではない。
尊敬するフィラデルフィア管弦楽団Piccolo奏者、時任和夫氏に習った方法であり、今回も島根県にて広めさせて頂いた。
生徒達自身も、後ろで聴いている先生方も、音の変化に驚いていたようだった。

このようにして息の圧力を増すと、音が響くだけでなく、ピッチも良くなりブレスも長くなりスラーも繋がるetc.イイ事ずくめなのである。



という話をさせてもらいました。
皆メモを取りながら真剣に聴いてくれて、後半のレッスンでも皆ハキハキと返答し、そして熱演でした。
「フルートが上手くなりたい」という情熱が感じられ、今回も気持ち良く帰京できました。
ふと気付いてみたら、折角カメラを持って行ったのに写真を撮るのを忘れました(涙)。ま、あまりそんな余裕もなかったのですが。

なので、往きの飛行機から撮った美しい南アルプスの山々をここに載せときます。
2013.1.18-2

2013.1.18-3

また3年後を楽しみに…

スポンサーサイト

テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

tag : 腹式呼吸 腹直筋 横隔膜 出雲市 管楽器ゼミナール 南アルプス

2つの快挙(?)

これが今年最後の記事です。

一昨日、とある高校バンドの定期演奏会がありました。
2012.12.28-1

普段自分が教えに行っているこのバンド、今年は創立50周年記念という事で、ファイナルステージではトレーナーとOBOGも賛助出演。という訳で自分も高校生達に混じって吹いて来ました。

曲はショスタコーヴィチの「祝典序曲」とレスピーギの「ローマの松」。

次回再びこんな企画があるとすれば、またあと50年後かな?と思うと、最初で最後の良い思い出です(笑)

吹奏楽コンクールの小編成の部では毎年上の大会(東日本大会)に進めるものの、大編成の部ともなるとなかなか上には進めなかったこのバンド、努力の甲斐あって金賞を受賞し、東京都大会に進みました。創立以来の快挙なのです。今年自分にとって印象深い出来事のひとつです。

さて今年の自分はどうだったか…



2012年は自分にとって、決して安定した年とは言えなかった。
失意と不安の50代の始まり。
でも充実もしていた。常に何か作業に負われて、睡眠不足な年。

でもそんな中、”本業”の芸大フィルハーモニアの仕事について、気が付いてみれば自分にもひとつ“快挙”があった。

オーケストラでは「降り番」というものがあるが、ヘンデルのメサイアみたいに元々フルートのない曲などの場合は、自動的に休みとなるので降り番とは言わずに、よく「曲降り」とか皆言っている。
振り返ってみたら、今年度はこの「曲降り」以外は自分はただの1シリーズも降りずに全て出演していた。つまりまだ降り番ゼロ。

2012.12.28-2この他にモーニングコンサート、戦歿者追悼式、etc.

考えてみれば、これは自分が入団して以来、初めての事かも知れない。
尤も、別に何も貰える訳でもないので(笑)、自分で自分に皆勤賞を与える事としよう「パチパチ…」



2013年はどんな年になるでしょうか?
最近はとにかく時の流れの速さに付いて行けない気がします。
そうこうしているうちに、桜が咲き、うだるような暑さに辟易し、涼しくなって栗や芋なんか食べてたら、もう今日と同じようなブログを書く事になるでしょう。

人間は不完全な生物です。自分も含め、複数の局面から評価する事は難しいものです。
物事を別の立場から考えて、問題を全体的に捉えて、ではどうすれば良いのかを、私利私欲をちょっとだけ抑えて徹底的に(文字ではなく)実際に話し合ってみる…そうすれば国内や世界の様々な問題もとりあえず良い方に向かって行くのではないでしょうか?
そんな2013年が理想です。

2012.12.28-3

今年も私のブログを読んで下さって、本当にありがとうございました。
新年は第2週より再開する予定です。

では皆様、良いお年をお迎え下さいm(__)m

テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

tag : 吹奏楽コンクール 東京都大会 皆勤賞

プラスのマイナス

バロック音楽の楽譜でよく見かけるこの記号。

2012.11.23-1
(G.Ph.Telemann:Fantasy for flute solo No.2)

一体下の音符に何をプラスするの?って話だが、これは実はトリル(正確にはトリル的装飾)の記号である。
まあ、装飾記号なので、結局音をこれにプラスする事になるが(笑)、別にこれはそういう意味の+ではない。
トリル「trill」の「t」のことであり、後にもうちょっとわかりやすく「tr」となった。

それから200年の歳月が流れ…時は近代。今日はこちらの方に関する話。

今度は同じ「+」でも意味が違う。
2012.11.23-2
これはとあるフルート曲の楽譜。

この記号の正式な呼び名はないが、この曲ではフルートのキィを「ポン!」と叩く。いわゆる現代奏法。
つまり、「ミ」の音の上にこれがあったら、「ミ」の指で「ポン!」とやると「ミ」っぽい音程でフルートが「ポン!」と鳴る。
管楽器の特性を活かした効果音のひとつであろう。
尤も、あまり大きい音ではないので、一緒に軽く息を吹き入れたりする。

この奏法は特に現代音楽にのみ使われるわけではなく、普通の曲でも時と場合によっては便利な場合がある。

というのは…

今から丁度32年前の11月、故:アラン・マリオン先生のレッスンを受けた時の事。
2012.11.23-3

低音域の鋭いアタックでは、タンギングと同時にキィをポンと叩くとよい」と教わった。
なる程、低音の立ち上がりがとても鋭くなった。「これは使える」と、自分もそれから活用するようになったのだが…

ところが、これには2つ欠点がある。

ひとつは(もうお気付きだろうが)、楽器に良くないという事。タンポやトーンホールに、少なからずいちいちダメージが加わるだろう。
且つて自分の楽器の“主治医”だった故:江藤大二氏は「リペアマンとしては、現代音楽はなるべくボロい楽器で吹いてほしいよね」と笑って言っていた。それだけこの奏法が多いという事だ。

さてもうひとつはクセになるという事。こっちはわりと深刻である。というのは…

この「ポン!」と叩くのは、なにも全部のキィでなくともよく、例えば低音の「レ」なんかの場合、中指と薬指は予めもう押さえといて、右人差し指だけで叩けば効果充分。

すると次第にこの「叩き役」が単独で“暴走”し始め、現代音楽でなくても、低音域でなくても、鋭いアタックなんか関係のない箇所でも、いちいち(無意識に)ポンポンやり出すのだ。いや本当に。

実際、プロでもそういう奏者が何人かいる。聴いている方は次第にこれが耳障りになってくるのだ。

綺麗な曲なのに…。いうなれば「+」(プラス)奏法がもたらす「-」欠点(マイナス)といったところか。

ジェームズ・ゴールウェイ氏などは、従ってこの奏法を嫌っている。「キィは叩いてはいけない」と。
なる程そのご意見ももっともだと思う。

かくいう自分はどうなのか?



実は今日先程まで、藝大フィルの定期演奏会の本番だったのですが、という訳で何となく今日は自分で意識してチェックしてみました。

折しも今回の曲、ドボルザークの宗教曲「スターバト・マーテル」のフルートパートは、ことの外低音が多く、下のD〜H(B♭も!)が沢山出てきますが、そのシテュエーションは殆どがレガート。
クセになっている程叩いてはいませんでしたが、かといってはっきり閉じないとスラーが切れてしまいます。

そんな訳で、時と場合によってマリオン論とゴールウェイ論を使い分けていたようです(笑)。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : トリル プラス記号 現代奏法 マリオン ゴールウェイ ドボルザーク スターバト・マーテル

持ち替え物語

何これ?

2012.11.2-1
考えてみれば、これを作って使って、今年でもう10年経った。

これは実は裏側で、表に返してこのようにして使う。

2012.11.2-2
ピッコロの持ち替え台である。

これは家で撮った写真だが、普段はオケで使うので、現在はG大に置きっ放しである。

この類いは既に市販もされているのだが、譜面台の“首”の部分に取り付ける部分がどうにも頼りないので、自分で作った次第である。

つまり、かなり頑丈に譜面台にくっ付かなければならない←ということは、それだけ取り付け&取り外しがややこしいという欠点がある。

いっぺん蝶ネジを外して“首”を挟み込んでまた締める、という手間。面倒臭い上に時間もかかる。
オケのステージマネージャーに頼んじゃってもいいのだが、一応自分の物だから自分でやるべきと思っているし。

ある時は、曲が終わってカーテンコールの最中に外そうとしているうちに、指揮者に管楽器奏者が立たされてしまって自分だけ立てなかったり…。
またある時は、蝶ネジが手からポロッと落ちた拍子にひな壇の下に入り込んでしまって、係の人に「すみませんスミマセン」とお願いしてひな壇を持ち上げてもらったり…。

だが、こうまでしても、これはしっかり譜面台に固定すべき物と思っている。取り外しが簡単な故に何かの拍子で取れてしまって楽器が床に転がることを想像すると…鳥肌が立つ。

周りの人からはよく「なんか、お寿司食べたくなる」と言われる床の部分。
確かに握り寿司の下駄に似ているが、これは木の板ではない。木目の印刷が施された発泡性のゴムでできている。楽器には優しいのだ。

さてこの台、セッティングに時間はかかるが、お蔭でこの位置にあると、フルート←→ピッコロの持ち替えは一瞬でできる。
つまり、それだけ短時間で持ち替えなければならない、とんでもない曲が沢山あるのだ。

普通は、持ち替えに必要な時間の目安は5秒。♩=60で4分の4拍子で1〜2小節程度の休み。これだけあれば、まあ余裕である。

ところが中にはひどいのがあって、真っ先に思いつくのはバルトークの「管弦楽の為の協奏曲」の第3楽章。ピッコロのソロの後、1拍の休符間にフルートに持ち替えなければならない。しかもご丁寧にちゃんと「ピッコロでは吹くな」という作曲者の但し書きがある。

でもこれは実はまだマシな方で、自分が経験した最短記録は、トマジ作曲のサキソホン協奏曲というマニアックな曲。第2楽章から第3楽章へのアタッカ(←間を空けない事)。休符も何もなく、次の小節がもうピッコロ!(こいつは多分「バカ」だな)と悟った。

流石にその時は、楽器をこのように構えてスタンバイして間に合わせた。

2012.11.2-3
持ち替え台の出番以前の問題であった。

マーラーの9番の記事でも述べたが、ピッコロの扱い方、いや多分ピッコロだけではなく、コールアングレやバスクラリネットやコントラファゴット等の“持ち替え族”への気の配り方には、その作曲家の性格や人間性が表れると思う。
つまり、持ち替えに必要な時間のみならず、「次はこの楽器へ」というパート譜への記入の仕方やタイミング等。

その点だけについて考察すると…
ブラームス…×
チャイコフスキー…◯
ドヴォルザーク…×
ドビュッシー…◯
リヒャルトシュトラウス…◯
ラヴェル…◯
と、ハッキリいえる。

ベートーヴェンやマーラーやショスタコーヴィチは基本的にはあまり持ち替えはなく、ピッコロ専門で吹かせることが多い。
先程のトマジなんか論外である。

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

tag : ピッコロ持ち替え バルトーク 管弦楽の為の協奏曲 トマジ サキソホン協奏曲

暗譜について(その1)

自分が教えている「ムラマツフルート・レッスンセンター」の生徒さんによる発表会が、今年も無事終了しました。
いつもは教室の隣りにある「ムラマツ・ホール」が会場でしたが、今年は神楽坂にある「音楽の友ホール」
2012.1.19-1
自分がリサイタルを開いた事もある会場です。

2012.10.19-2
舞台後方は大理石の壁。これのお蔭か、よく響きます。

生徒さんの中には(自分のクラスではないけれど)暗譜で演奏する人もいました。凄いですね。
でも、中には暗譜故にやってしまったミスというのもあり、なかなか難しいものです。

今日はこの「暗譜」について考えてみたいと思います。




フルートは暗譜が困難?

歌のコンサートの場合、ソプラノ・リサイタルにせよ演歌のステージにせよ、譜面を見て歌うってのはまずあり得ない(あるかも知れないが)。
歌詞には意味があるから、それと一緒にメロディーが入りやすいのだ。
また、歌う時のちょっとした仕草から、オペラの振付けまで、身体の動きは暗譜の重要な手助けになる。
要するに「身体で憶える」のだ。

一方、ピアノや弦楽器は、演奏する時の腕の動きが大きいし、自分の指もよく見える。
チェロやコントラバスは左手は一瞬視界から外れるが、大体の手の動きは見えている。
要するに、これらも身体の動きが、大なり小なり暗譜の手助けになる。

管楽器はどうか?
実際、管楽器は指と口関係しか動かさない。指の動きだってせいぜい1~3cm位だろう。
でもまだ指の動きは視界に入る。従って知らぬうちに音符を指で確認しながら吹く作業をしている筈である。
トロンボーンは殆ど指は動かさないが、ご存知の通り大きい腕の動きが伴う。
それらの身体の動きが、譜面を憶える事に100%繋がるかどうかは断言できないが、役に立っていない訳ではないと思う。

さて、フルートである。
フルートはあらゆる楽器の中で、唯一演奏している時に自分の指が見えない楽器なのである(縦型のバスフルートは別)。
要するにキイの開閉は、自分の微妙な指の感覚に頼るしかない。

結論を先に述べておくと、暗譜の得手不得手は全く人によりけりで、楽器も何も関係ないのだが、ただフルートで暗譜をする場合、そういう訳で他の楽器よりはちょっとやりにくいだろうなとは思う。
つまり「身体で憶えにくい」唯一の楽器。

暗譜をするという事

暗譜をするという事は、その曲を自分のものにする事である、と断言できる。

ある曲を本番に向けて練習する場合、例えば…
・メロディーを何度も吹いて曲から湧き出るイメージを膨らます
・ここはこういう音で吹きたい、或いは全体的にもっといい音で吹きたい等と考えては、サンプリングしてロングトーンをしてみる
・指の難しい箇所はゆっくり吹き直したり、何種類ものリズムパターンを当てはめて何回も何回も繰り返す
・アーティキュレーションやブレスを再確認しては吹き直してみる

このように何回も何回も繰り返して行くうちに、曲=指、舌、唇、そして呼吸系などの身体の動きとして、自然に浸み付いてくると思う。
こうして憶えるのが暗譜であり、「次はレの付点四分音符、その次はドの八分音符、その間スラー」なんて憶えるのは「真の暗譜」ではない。

特にフルートの場合、先述の理由から、曲を吹く場合の微妙な身体の動きを、五感を駆使して意識しておく事が、より良い暗譜に繋がる(但し必要以上に身体を動かしてはいけない)。

そのようにして楽譜を見ずに吹く人は(例えばKV313の場合)お客さんに対して「これが私のモーツァルトです。さあどうぞ!」という気持ちで演奏する、これが暗譜であり、目をつぶったり、或いは一点だけを見据えて一所懸命頭の中に譜面起こしをして演奏するのは危険である。
実際、過去の発表会で、それ故に事故が起こった演奏に遭遇した。

ただここで、では暗譜は絶対に譜面ヅラだけでで憶えてはいけないか、というと、実はそうでもない。つまり、「真の暗譜」ではない憶え方、というのも時には必要なのである。

何かの拍子で頭の中が真っ白になる事もある。それに例えば提示部と再現部、メロディーの言葉尻が微妙に違う時等は、これはちゃんと音符で憶えておかないと、急に曲の最後に飛んじゃったり、また最初に戻っちゃったりというアクシデントが起こりやすい。これも昔の発表会で実際に遭遇した大事故。要所要所で、道順や分岐点を頭に叩き込んでおかなければならないのだ。

暗譜するか、しないかはハッキリと

本番に向けて暗譜が間に合わなかった場合は、当然の事ながら楽譜を見るべきだが、「大体暗譜できてるんだけど、それでも一応楽譜を見て吹く」という人には1つ注意点がある。

楽譜があるからには、譜面は必ずちゃんと見て吹こう。

というのは、憶えていると今度は譜面から目を離しやすい。少しなら大丈夫だが、大きく顔が離れて視線がまた譜面に戻ってきた時、思わず今何処を吹いているか探してしまい。その分集中力が落ちるからだ。これは自分にも経験がある。

そして勿論、暗譜して演奏するには、その曲を100%憶えるのでは足りない。120%憶えよう。



「暗譜論」はやっぱり奥が深いです。ちょっと難しかったかな?先ずはこの辺にしておきましょう。

後日「その2」を掲載したいと思います。
自分が暗譜する時の事について、省みてみようかと思います。

テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

tag : ムラマツフルート レッスンセンター 発表会 暗譜

プロフィール

Yumochan(ゆもとようじ)

Author:Yumochan(ゆもとようじ)
本名:湯本洋司
フルート&ピッコロ奏者。アレンジャー。
(属)芸大フィルハーモニア/アマデウス・クィンテット/ムラマツフルートレッスンセンター講師

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank You for Visit
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。